ジョルジュ・ブラック展



2018年6月3日
たまたまチケットがあったから訪れたパナソニックミュージアム。最初はあまり心ひかれなかったが、観賞後は大満足の満ち足りた気持ちとなった。ピカソと並びキュビズムの創始者であるブラック。チケットにある宝飾品だけでは感じ得なかった奥深さがあった。
ペルセポネなどのギリシャ神話のグワッシュ、そしてそれらのモチーフが陶器や宝石、タピスリへと展開されていく。時にマチスのような野獣派のように、時にエジプトやメソポタミアの単純化された絵のように。なんて自由に、お洒落に神話が拡張するのだろう。ペルセポネは、冥界の王ハデスに愛され略奪された美しい女性。彼女が冥界にいれば世界は闇に包まれ、許されて冥界から出れば世の中は日の光に照らされる。さながらギリシャの天照大神といった女神。ペルセポネはブラックの手に掛かれば、19世紀最先端ののパリジェンヌといった風情、しかも半分白く半分黒い。センス良くお洒落にギリシャ女神がアレンジされ、更に彼女が陶器に描かれ、装飾性を高めつつ、そのアレゴリーが立体化されていく。そんな魅力を感じた。
ピカソの仲間が宝石をデザインした、そんな単純なイメージで訪れて、自分を恥じた。ギリシャ神話のおおらかなストーリーを様々に、装飾的に造形化した作品たち。豊かな気持ちになった。新聞の懸賞で得たチケット。まだ一枚残っているチケットで、必ず見に行くようにと夫に勧めた。

旨みたっぷり スイスチーズ


2018年5月27日
スイスは今頃、緑の草原がさぞや美しいことだろう。そんな思いに浸れた、美味なチーズをいただいた。シュロスバーガー アルト。生産地の近くにあるお城の名前から名付けられたと説明書にある。きっと高台にはお城、その回りに草原が広がり、のんびりと牛が放牧されているのだろう。
ほくっとした旨み豊かなチーズ。薄くスライスして食べ始めると、もう止まらない美味しさ。
夫と二人で、今日はここまでっ!と制止しながら食べた。ワインも美味しくなる。

バンコクリフレッシュ旅④ ルーフトップレストランでこじゃれディナー

2018年5月21日
 私たちには珍しく、こじゃれたディナーを決め込むこととした。高層ビルほぼ最上階のルーフトップレストランで、夜景を眺めながらモダンタイ料理。ロングテーブルという名のレストラン。予約して、「もしかしてドレスコードありか?」とどよめきながら、訪問した。入り口にはドレスコードありの記載があったが、庶民派おじさん三人は皆短パンにスニーカー。しかし特にとがめられることなく、窓側の良い席に案内された。
 バンコク中心地の夕暮れが美しい。テーブルの近くには、プールもあり、いささか場にそぐわない4人だったが、眺めと夕暮れのお酒サービス、こじゃれたタイ料理を楽しんだ。
 IMG_8066_201805212009401fd.jpg IMG_8068_20180521200943629.jpg
 トムヤンクンには、オマールのごときぷりぷりの大きな海老、ソムタムサラダも、高級感あるお皿に上品に盛られている。全体的におしゃれな感じ。でもまあ、美味しさは街のレストランの方が良いと思った。素敵な眺め、こじゃれ空間が気分を盛り上げるが。夕暮れサービスにシャンパン2杯も頼み、ほろ酔い加減で楽しんだ。
 無骨な?男達三人は、「なんだか暗くて食べ物が見えないな~。闇鍋みたいだ」とか「このトムヤンクンは、メニューにあった値段を4人分にされたな」などと、現実的なことばかりを話している。一理あるが、ムードを楽しむというより、そわそわしている感じ。通常料金のシャンパンを追加で頼んだ私は、軽い非難を浴びた。
 さっさと食べて、退散し、次は庶民的な屋台に向かうこととなった。まあ、でも私正直落ち着かなかったです。昨年お散歩したベンジャキティ公園の夕暮れを楽しめて良かったけど、バンコク最先端こじゃれレストランはちゃちゃっと退散となった。
IMG_8060_201805212009397cf.jpg

バンコクリフレッシュ旅 ③カオニャオマムアン

IMG_8014.jpg


2018年5月21日
 バンコクで必ず訪れたい店、それはマンゴー専門店のメイワリー。美味しいマンゴーが山積みされた、素敵な外観だ。なにかで宣伝されたのか、今年はやたらと日本人観光客も訪れていた。購入するならともかく、ただ写真を撮りに来ているような人たちもたくさんいた。
 この店は、マンゴーのデザートであるカオニャオマムアンも絶品。美味しいマンゴーを切って、ココナツミルクで炊いた餅米が添えられている。糖質制限ダイエット中には禁忌の食べ物だが、イブをだました蛇のような声が、私の脳裏に「食べなさい、食べなさい、バンコクに来て、これを食べなければ、後悔するよ」とささやく。もちろん、自分自身の声だが・・・。
 購入したら、ホテルで一晩は良く冷やすのが、私流の大事なポイント。添えられたクリーム、ナッツを掛けて。ちょっぴり塩気の効いたココナツ風味の餅米が、マンゴーによく合う。マンゴー、餅米、マンゴー、餅米、マンゴー・・・と繰り返し、一パックをぺろりと平らげた。お腹がぷよっとするが、幸せです!
IMG_8071.jpg

→カオニャオマムアンの過去記事
魅惑の南国フルーツ2017
魅惑の南国フルーツ2015

バンコクリフレッシュ旅② カオマンガイ


2018年5月20日
 今回のバンコク旅では、スケジュールの都合上、気軽なファーストフードであるカオマンガイ(タイ風チキンライス)は食べられないだろうとあきらめていた。しかし、気の利く友人が、タイスキを食べた後に〆として屋台のカオマンガイを食べに行こうと提案してくれた。タイ料理に辟易している夫を尻目に、友人と私はウキウキと屋台に出かけた。
 滞在したホテルのすぐ近く、プロンポン駅前にある小さな屋台。人気の店らしく、いつも人だかりだ。安っぽいブルーのシートが掛けられたテーブルに座り、カオマンガイとスープを注文。タイスキを食べた後なので、4人で二皿。柔らかチキンと、チキンスープがしみこみながらもさらりとしたタイ米。添えられたソースは、おそらくタオチオ(タイの大徳寺納豆ソースみたいなもの)、プリック(タイの唐辛子)、パクチー、ナンプラー辺りかな?このソースが美味い!!チキンの真ん中に、我ながらスタイリッシュ?に掛けていただいた。4人で二皿だが、ほとんど私とタイ大好き友人が二人で平らげたような・・・。とにかく美味しくて、ムシャムシャ食べた。
 今や、日本のスーパーでもカオマンガイの素は売っていて、手軽に作ることができるのだが、やっぱり本場の、蒸し暑い夜の屋台で食べたカオマンガイは、これまでで一番美味しいカオマンガイだった。
 初めてバンコクに来たときには、屋台なんて・・・と怖れていたのだが、昨年の庶民派定食屋に続いて、今年の屋台と、徐々に現地の人のように、タイ料理をむさぼるようになってきたな・・・お腹も全然大丈夫で、翌日も食べに訪れたくらい。だが人気店ゆえ、翌日はもう完売したらしく、早々に店じまいしたあとだったが・・・。
IMG_8044.jpg
プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR