香川にやってきました④美味いもの

IMG_6876.jpg
ホテルでいただいた、香川限定ビール。
2017年8月9日
 旅の楽しみはやはり美味い物。以下、香川でいただいた美味しい物リスト。
 IMG_6937.jpg
 もちろん、讃岐うどん。写真左は金比羅でいただいた金比羅うどん。右は高松市内でいただいたかま玉。香川に行ったら、「セルフ」方式で、つまり、自分で湯切りしてトッピング、というのを試したかった。仕事の場、サンポート高松にほど近い、岡じまという店を散歩で発見した。仕事の合間に友人と共に出かけた。もっちりしたうどんがとても美味しかった。茨城に帰宅して、讃岐うどんの美味しさが忘れられず、ついチェーン店「丸亀製麺」にでかけてしまったが、これまで愛好していたこのうどん。間違いだったと気付いた。悪くはないが、やはり現地で食べたもちもちうどんにはほど遠い。・・また讃岐うどんを食べに、香川に行かなければ。
 IMG_6864.jpg IMG_6924.jpg
 スイーツもたくさん。写真左は、香川の郷土菓子、おいりをトッピングしたパフェ。カラフルで軽やかで可愛い。こちらは金比羅山中腹にあるカフェで。左はお抹茶と和菓子。栗林公園の茶室でいただいた。讃岐と言えば、お茶をやる者にとっては和三盆の里。市内でたくさんの和三盆菓子を購入出来た。
 お魚や小豆島のオリーブオイルもたくさんあったが、仕事の多忙もあり、今回の旅ではうどんと和三盆だけを堪能した。今度はzせひ、フェリーで小豆島に渡りたいな。
 

香川にやってきました③

2017年8月6日
高松の栗林公園に出掛けた。想像以上の素晴らしさ。良く手入れされた松の木。池と木々が織り成す美しい日本庭園。勧められるままにボランティアのガイドさんと一緒に散策したが、意外?にもこれがまた良かった。決して過剰ではない庭園の解説が、適度に年を重ねた自分の知的ニーズにピタリとはまったのだと思う。水戸の松平から高松にきたお殿様。武者小路や石州流の茶室。花や木々の名前。ちょうど知りたいなと思った頃に、短い解説をしてくださる。
たくさん来ていた外国人にもフレンドリーに話しかけていたガイドの方。お若い時は、四国の電力会社にお勤めだったとか。池にいる亀やスッボンに挨拶しながら、原子力発電所の話など軽くなさっていた。
前日に母に電話したら、20年前に両親もこの栗林公園を旅したのだそう。とっても良かったから、行くといいと勧められた。両親が感心した庭園の美しさ。時間軸を越えて、自分も堪能したと思うと、なんだかほんわかした気持ちになった。
栗林公園

高知旅日記1 鰹三昧


 
 高知は仕事の都合で出かけたのだが、なんといっても旅先では美味しいモノをたらふく食べたいもの。横浜の友人達と、あるいは職場の同僚達と、高知名産の鰹が美味しそうな店をぬかりなく予約しておいた。こういうことだけは素早いね、と夫に苦笑されながら。
 初日は黒尊という小さな居酒屋。大将お任せの料理が次から次へとでてくる。そしていずれもメチャクチャ美味い!!!大好きな白子はたっぷり、刺身盛りは分厚い鮃・鯖・鰤・鰹がどーんと盛られ、ニンニクの葉っぱで作ったというペースト状のヌタが添えられている。ちょっとジェノベーゼみたいな味わいで、刺身の新たな美味しさを発券した。そして鰹のたたきもたっぷり。絶品とはこの耳セのためにある言葉、それだけ美味しい魚たち。素っ気ない風だが、美味しく味わうために、適切なアドバイスをしてくれる愛すべき大将。この店には、虜になった。
 いずれもお皿が心憎い。備前、あるいは古伊万里のよう。そう大将に言うと、頑固者らしい顔が、ちょっとはにかんで嬉しそう。たらふく食べた。およそ10年分の鰹は食べたような気分になった。
 二日目は、有名鰹料理の老舗、司へ。隣のお座敷からたばこ臭がぷんぷんで、マイナス30点。お味はまあまあ。前日が素晴らし過ぎて。
 数年前に初めて訪れた高知。そのときも街中の居酒屋で鰹をいただいた。隣になった土地のおじさん達が、ニンニクスライスを添えて食べるんだとおしえてくれた。生き生きした鰹、炙られたスモーキーな香りが良くニンニクと合って、美味しかったし、土地の人々と楽しく飲んだ思い出も好印象。いつか鰹のためにまた訪れたいと熱望していた高知。今回の鰹料理でも裏切られることなく、鰹と土地の人とのふれあいは素晴らしかった。

テーマ : 四国旅行
ジャンル : 旅行

おんせん県宣伝VTR シンフロ

2016年12月15日
 先の大分帰省で目が釘付けになった面白いVTRがある。「シンフロ」と題された、温泉でシンクロナイズドスイミングを展開するVTRだ。空港やレンタカー屋で放映されていた。
 大分各地の温泉で、白い水着に身を包んだ女性達が、シンクロを華麗に魅せる。濁り湯、岩風呂、川沿い、砂風呂、海を眺める温泉と、いつかいきたいと思わせる素敵な温泉で、バシャバシャと肢体を披露する女性達。
 ユーチューブで確認すると、故郷Uターンバージョン、など多数の動画があるようだ。楽しい・・・。→シンフロ フルバージョン
 いろいろ探すと、茨城のPR動画もあるようだが、今ひとつセンスが・・・それに比べると、おんせん県動画は、どれもなかなか面白い。また近いうちに行きたくなった。

大分シンフロ1

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

きらめく銀座

2016年12月14日
 仕事と、所要で銀座に出かけた。慌ただしく用事を済ませて、夕方しばしショッピングを愉しんだ。暮れゆく歩行者天国が、少しずつ冬のイルミネーションに輝いていく。
 今年、とみに目を奪われたのは、花の植木鉢風のライト。昼と夜、違った美しさを見せていた。また、街路灯も同じようなお花のライトで飾り付けられ、歩道にたくさん並べられている。優雅な街並みを演出していて、本当に素敵。フランス、リヨンを拠点にするアーティストが、この美しいイルミネーションをコーディネートしたらしい。→銀座イルミネーション2016 リッチで優雅な街、銀座によく似合う、美しい演出。最初は新聞広告で見て惹かれたのだが、実物を見て、改めてその美しさに歓声を上げた。
 本当は夫かだれかと共に歓声を上げたかったが、人混みを嫌う夫はこの日、羽田から茨城にさっさと直帰。仕事の仲間ともすれ違いで結局一人の銀座めぐり。でもまあ、内緒の買い物もあったし、一人イルミネーションも満ち足りた気分で眺めることが出来た。

銀座イルミネーション

イルミネーション過去記事→
Tsukuba 光の森
広島ドリミネーション2015
丸の内 ツリーetc.
ミキモトのクリスマスツリー
仙台光のページェント
雪の長野 大町

テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR