素朴でしなやかな味わい、阿闍梨餅

2017年3月25日
 日本橋三越の和菓子売り場では、全国の有名和菓子がいとも簡単に手に入れることが出来る。かねてより欲しかった、仙台九重本舗の霜柱、長野開運堂の真味糖、島根の松平不眛公ゆかりの茶菓子などなど・・・夢のような世界だ。
 京都の有名菓子もたくさんあり、なかでも阿闍梨餅が個包装から購入できるのには驚いた。阿闍梨餅とは、京都の菓子店満月が大正時代につくりはじめた菓子だ。餅粉をベースにした生地を皮とし、粒あんを包んだ素朴な菓子。今では京都みやげの定番となっているようだ。ややもっちりとした皮、控えめな甘さの粒あん。このたび初めていただいてみたが、小さめの菓子だから、ひとつ、またひとつ、と手が伸びてしまうような美味しさだ。素朴ながらも後を引く美味しさ。
 比叡山で修行する高僧がかぶっていた編み笠の形、そして厳しい修行に耐えるとき食した餅からイメージして創作されたとのこと。千利休はその昔、ふのやき、というごく素朴な菓子を茶会で多用したという。小麦粉を水で溶き、焼いた皮に、胡桃と味噌餡を包んだものを手作りして茶会に出したとか。戦に、政治にと疲れた人々をもてなすほっとした味。材料は異なるが、阿闍梨餅の素朴な味わいは、このふのやきに近いのではないだろうかと感じた。素朴ななかに、ほっとさせる甘さと柔らかさ。信念を持ちつつ苦行をこなし、周囲の人々を寛がせる。そんなしなやさをこの菓子から感じた。

阿闍梨餅

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

曲げわっぱの弁当箱

2017年1月31日
 大体二日に一回使用中。曲げわっぱの弁当箱。簡単ご飯が、なぜか高級?弁当に見えなくもない、魔法の弁当箱だ。
 秋田の曲げわっぱは伝統工芸品。杉の白木で作られた器は、ご飯の水分を程よく吸収し、かつ、固くならない。抗菌効果もあるそうだ。なにより、姿が潔く、美しい。樺細工で継ぎ目が軽く彩られているのも粋な感じ。黒豆を一緒に炊いた雑穀三分づきご飯と、簡単な肉・野菜を詰めるのが定番ランチ。お湯で洗ったら、午後の仕事の間、良く乾かしておく。
 夫が秋田に出張という時、軽い冗談でお土産リクエストをしたら、買ってきてくれた。以来、かれこれ10年近く使用中。お手入れが難しいと言う人もいるが、お湯と洗剤でよく洗って乾かし、そして、隔日程度の頻度で使うことが、お手入れ。実は時々電子レンジにも入れちゃっているが、結構平気。いつか形がゆがむかもしれないから、本当に温めたい時だけにしているが。
 なんとなく、素敵気分で簡単ランチがいただける、優れもの。周囲の同僚にも大好評。自慢の道具である。

曲げわっぱ弁当

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

宮中雑煮 初釜の菓子、花びら餅

2017年1月16日
 お正月吉祥の菓子といえば、花びら餅だ。薄い餅で白味噌餡、薄紅色の餡を半月様に包む上品な菓子。ゴボウの甘煮を挟んでいる。裏千家の初釜で用いられる、正月限定の和菓子だ。今年は3日の初釜で先生が用意したものを、そして13日に水戸の老舗和菓子屋で購入したものをいただいた。いずれも柔らかく、甘いゴボウが不思議な味わい。抹茶と共に、静かにいただいた。
 京都、宮中でいただく雑煮に見立てた茶席の菓子。東北生まれで粗野な私は、関東に出て茶道を習って、初めてこの菓子の存在を知った。ゴボウはやはり宮中行事、歯固めに使う固い押し鮎を模したものだそう。何から何まで典雅な由来である。正月の菓子といえば、田舎の祖母や伯母がつくるずんだ餅しか知らなかった。だから、花びら餅をいただくときは、なんだかとてもかしこまった気持ちになる。
 求肥で出来た白い餅は、柔らかい。薄紅色の餡が透けて見えるのも、重ねの色合わせ、桜重ねのようで、やはり高貴な感じ。典雅なお正月気分を味わう、2017年の睦月である。
 

花びら餅

テーマ : 和菓子
ジャンル : グルメ

鮮やかテキスタイル マリメッコ

2017年1月8日
 久しぶりに渋谷まで足を運んだ。文化村ミュージアムで開催中の「マリメッコ展」のためだ。すでに食器やクッションで自宅にあるデザインだが、美術館で眺めたらどんな感じなのだろうと、ワクワクしながら出かけた。清々しく明るい気持ちになる展覧会だった。
 代表的なデザイナーの感性・価値観を解説しながら、マリメッコのブランドポリシー、歴史を知りつつ、壁に大きく展示されるテキスタイル。いずれも大胆な図柄、明るい色調で楽しい気分になる。マネキンに着せたドレスも多数展示され、おしゃれ感漂う会場だ。でもやっぱり馴染み深いウニッコのひなげしが可愛い。
 渋谷のあと、銀座の松屋に入り、マリメッコのお店を眺めた。ここには、マリメッコのテキスタイルやグッズが販売されている。ふと、最近悩んでいる食卓の椅子を、このウニッコのテキスタイルで包み直し、リメイクしたら素敵だなと考えついた。寸法を測って出直すこととした。
 美術館でみるのも面白いが、マリメッコの鮮やかで明るく楽しい柄は、自宅で身近に愛でるのがやっぱり素敵。

過去記事→
マリメッコのクッション
フィンエアのお土産
フィンエアで北欧アート

マリメッコ展

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

銘菓 日の出前

2017年1月4日
 今、一番のお気に入り和菓子、日の出前。初めて出会ったのは、島根の足立美術館を訪ねたとき。館内の茶室で頂き、自宅用にも購入したのがきっかけだ。皮むき餡を実に丁寧にさらしてつくっている。しっとりと上品なお味だ。甘さも控えめなのが私好み。紫がかった薄い小豆色の生地に、たったひとつの小豆粒の断面が見える。この様子もまた上品だ。
 名は、陶芸家、河井寛次郎がつけたという。1月の日の出前の空は、うっすらと紫だからということで。そんなエピソードもまた、菓子への愛着を強める。初めて食べたときから気に入り、今回ネット通販で自宅に届いた。松江の老舗、三英堂の製。
 夜明け前の空は、一番闇が深くなるとも言う。そこに太陽が昇るとき、この紫だちたる色合いの空に変わるのだろうか。年が明け、新たなことへの挑戦が待つ日々に、なにやら希望を見いだせるような気持ちだ。しみじみ美味しく、味わい深かった。

日の出前

テーマ : 美味しいもの
ジャンル : グルメ

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR