おしゃれ砂糖 ペルーシュのブラウンでこぼこ砂糖

2016年11月7日
 市内のカフェでほぼ毎週、フランス語のプライベートレッスンを受けている。そのカフェで注文するカプチーノには、おしゃれなブラウンシュガーが付いてくる。私はコーヒーに砂糖を加えない。そしてけちんぼなので、毎回その個包装の砂糖を持ち帰る。ガラスの容器に入れてため込んでいたら、いつの間にか満杯になった。30個近くある。これからもため続けていくと思う。
 ラ・ペルーシュというブラウンシュガーは、フランスメーカー、ベギャンセ社の砂糖だ。でこぼことした形、サトウキビで作られたコクと甘さ。グルメの国ならではの美味なる砂糖だ。個包装やそれをいれる箱には、カラフルなオウムが描かれている。いかにもサトウキビが作られる南の国のようなイメージ。形、味、包装と、全てがセンス良い。フランスではナンバーワンの砂糖生産企業だそうだ。品質の面でも、1889年パリ万博で金賞を受賞している。
 大航海時代までは貴重だった砂糖。1653年にフランス、ナントに植民地であるアンティル諸島から運んだサトウキビを用いた砂糖工場が初めてできた。1800年代にナントは砂糖製造業で絶頂期を迎える。その過程で砂糖菓子会社がこのユニークな形を開発したようだ。その後、いくつかの砂糖会社が合併を繰り返し、1973年に甜菜糖会社ベギャンと、サトウキビ会社セ社が合併してベギャンセ社となり、現在に至る。
 こうして考えると、たった一つの砂糖にも、世界の歴史と地理がぎゅうっと詰め込まれているようだ。昔は薬としても用いられていた砂糖。今は肥満の原因ともなり、むしろオフすべき食品のひとつになっている。たっぷりと摂取出来る故の、でこぼこゆがんだ構造が現代にはある。せめてこの一つのペルーシュをいただくときは、大航海時代から続く歴史と文化に思いを馳せて、味わいたい。
 
 

ペルーシュの砂糖

<参考文献>
鳥取絹子(2008):フランスのブランド美学 文化出版局

テーマ : フランス語
ジャンル : 学問・文化・芸術

クロード・ルルーシュ「アンナとアントワーヌ 愛のプレリュード」 

2016年9月9日
 「男と女」「愛と悲しみのボレロ」で有名な、クロードルルーシュの新作映画を見た。じわじわ、ひたひた「良かった・・・」と浸れる、男女の単純ならざる愛の姿。
 それぞれ事情を抱えた男女が、過去と現在、現実と妄想・夢、旅情が入り乱れるなかで関係性を変化させ、愛し合うという構成は、名画「男と女」と同じだ。美しいアヌーク・エーメ、フランスのドーヴィルや南仏の風景がでてくる大好きなフランス映画は、偶然2週間ほど前にDVDで見たばかり。本作「アンナとアントワーヌ」では、主人公二人には、それぞれ愛するパートナーがいる。にもかかわらず、二人で巡礼の旅をすることとなり、惹かれ合っていく。女性は愛する夫との子どもが欲しくて巡礼するというのに、それでも自由奔放な男性音楽家に惹かれていくのだ。舞台はインド。ガンジス川での祈りや巡礼は、魂の浄化、悲しみや苦しみの癒やし、そんな意味も含まれているようで、言葉がなくても映像が妙に説得力を持ち、見ているこちらの心も浄化させていくようだった。そして愛し合う主人公。意外な二転三転が繰り返され、切ない気持ちをかきたてられる。ラストは見ている者の想像力に任せられ、ちょっと曖昧に期待を持たせるもの。
 フランシスレイの音楽も、もちろん素敵だった。男性主人公が、エールフランスのコックピットに紛れ込んでパイロットとおしゃべりする非現実性、映画の日本名が陳腐なのは残念極まりないけど、まあ、ご愛敬だろう。(9.11以降、操縦席に乗客が入ることは、許されないはずだ。いくらファーストクラス有名音楽家の設定乗客で、エールフランスでも・・・)
 勧善懲悪、単純明快、荒唐無稽にガチャガチャとしたハリウッド映画の新作宣伝を見せられて辟易したあとに、この大人の男女の恋愛模様、素敵だった。男女の愛は、身体も心も魂も、かくも複雑で曖昧、一筋縄ではいかないもの。やっぱりフランス映画っていい。クロードルルーシュ、最高です。

アンナとアントワーヌ

テーマ : フランス語
ジャンル : 学問・文化・芸術

幸せを祈るフランス菓子 ガレットドロア

2016年1月20日
 フランスの正月お菓子であるガレットドロアをいただいた。昨年、新年パーティで友人が持参してくれた、美味しいガレットドロア。今年も御願いして持ってきてもらった。パイ生地がサクサクとして、甘さは控えめのナッツペーストが入っている。通常はアーモンドクリームが多いが、これはピスタチオで、大人びたしゃれた味わいである。昨年の記事→ガレットドロア2015
 フランスでは1月6日、キリスト教のお祭でいただくお菓子。切り分けた時、フェーブとよばれる陶器製の人形にあたったひとが、王様になって王冠をかぶり、みんなでお祝いをする。今年まもなく家が建つ友人に当たった。わーいと悦び、みんなで幸せを祈った。
 持参してくれた友人が、このガレットを購入したお店の人とのやりとりを事細かに何度も語っていた。友人自慢の美味しいお店なのだ。宇都宮にあるこの店は、他にマカロンやクロワッサンも自慢なのだとか。→le coffret 味にうるさい、しかもスイーツには興味のない夫も、美味しいと顔をほころばせた。
 夜遅くまで、たっぷりのワインとこの美味しいガレットドロアで楽しく語らった。今年一年、大切な友人ひとりひとりが、幸せに過ごせますように。心から祈りつつ、余ったガレットをもう一きれ、夜中につまんでお腹に納めた。
  

ガレットドロア2016

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

フランス女性に人気のタイツ ブルーフォレ

2015年12月21日
 最近お気に入りのフランス製タイツ、ブルーフォレ。コットンが97%という驚異的な素材感が心地よい。伸縮性も十分にある。つま先の縫い目が指先ではなく、爪の付け根あたりになるのも、着ていて気持ちよい。シンプルで定番色ながら、マットな色合いが、寒い時期には美しいタイツである。
 女性誌のタイツ特集で、必ず取り上げられる人気の品。購入を検討していたとき、たまたま入った銀座のニット製品屋「ジョン・スメドレー」で見つけて初購入。ポリエステルのタイツでは、肌がチクチクしてしまうのが、これは履き心地がさらりとしていて快適。一度でファンになり、追加購入を考えていたところ、羽田空港の待ち時間で伊勢丹ブティックで発見した。即買い。セレクトショップなどで販売しているようだが、人気で品薄のようだ。フランスでは、女性用ソックス類の売り上げナンバーワンらしい。
  外国製タイツといえば、昨年購入したピエールマントウーも良かった。色合いや透明感、大根足の私でも美脚に見えなくもない誤魔化し具合は最高である。ただしこちらはイタリア製。イタリアも好きだが、フランス贔屓の私としては、やはりフランス製品に軍配をあげたい。そう思っていたところ、このブルーフォレに出会った。タイツそのものの良さもさることながら、素っ気ないほどの外装も好みである。ピエールマントウーの外装は、びっくり仰天、お色気満載→ピエールマントウーHPで、私の太い足にはおよそ似合わない。
 対面するほとんどの人には気付かれない、品良く快適なおしゃれタイツ。フランス贔屓を身に纏い、私は人知れず、悦に入るのであった。

ブルーフォレ

テーマ : ファッション
ジャンル : ファッション・ブランド

ブルターニュの温かなガレット

2015年10月14日
 神楽坂お散歩、最大の目的地であるガレットの店、ル・ブルターニュ→Le bretagne HP でランチをいただいた。ガレットとはそば粉で作るクレープのことで、フランス北西部、大西洋ににゅっと突き出たブルターニュ地方の名物である。薄く丸く焼いた塩味ガレットに、ハムや卵など塩味に似合う食材を乗せて、四隅?を写真のように折りたたむのがお決まり。この日のランチメニューは、卵とベーコン・トマトのガレットに、デザートは小麦粉で作るクレープにアイスクリームとグレープフルーツを添えたものだった。それに、シードル。
 そば粉のガレットは、外がカリッと中はもちっと。美味しい~!大きいのですっかりお腹いっぱいになったが、デザートのクレープは、薄いものをカットしてややボリュームが少なめだったので、結局全てぺろりと平らげた。ああ、炭水化物が多すぎる・・・と後悔しながらも、美味しさに大満足だった。
 レストランの店員さんも皆、朗らかで気持ちがいい。食べ残したお客には、味やボリュームを確認したり、細かな言葉かけを一人一人のお客に丁寧にしていた。店内のインテリアも、ブルターニュの農家を思わせるような素朴で可愛らしいものばかり。心地よいランチタイムを過ごすことが出来た。
 いつか訪れたいケルト民族の名残がある地方。塩バターキャラメルや美味しい牡蠣、タラソテラピーと、私好みのものにあふれている。夫が大西洋側を好まないため、これまでに訪れる機会を逸し、そしてまだしばらくは行けないだろう。でも神楽坂で良い店を見つけたから、もうしばらくは我慢できそうかな。

ガレット ベーコンと卵


にほんブログ村

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR