牛タン発祥の店 味 太助

2014年12月30日
 定番メニュー発祥の店を食べ歩く、そんな夢というか目標を抱いた。「あのメニューが生まれた店」(菊地武顕さん著コロナブックス 平凡社 2013)を読んでからだ。年末帰省の折、早速仙台の牛タン発祥の店「味 太助」に出かけた。
 既に10組程度が行列していた。駅前の他店「利休」にも並んでいたから覚悟はしていたが、やはり太助にも並んでいた。13時45分に到着し、14時20分に中に入ることが出来た。待つ間に一組、また一組と出て行ったが、焼きの都合なのだろう、五月雨式に客を入れることはなく、数組まとめて中に誘導しているようだった。待ち時間は長く寒かったが、カウンターに案内されると、香ばしい牛タンやスープの香りが漂い、単純な私はすぐに幸せ気分になった。目の前には仕込まれた牛タンが山盛りになっていて、注文に応じて手際よく炭火で焼かれていく。すぐに白菜、唐辛子の味噌漬け、テールスープ、麦飯とともに呈された。ん~、肉厚のタンは程よく柔らかく風味豊か。店の炭焼きの香りも美味を高めてくれる。白菜はもっと欲しいと思わせる優しい味。粒っとした感触の麦がたっぷり麦飯も素朴ながら滋味深くて美味しい。これまで他店の牛タンでそこそこの満足しか得られなかったが、こちらの牛タン定食には心から満足できた。発祥の店だから美味しいとは限らない。先の「あのメニューが生まれた店」でも、「発祥店だから美味しいかと言われたら、肯定も否定もしない」と述べられていた。先日私は銀座の洋食屋でそれを実感した。むしろ美味しくなかった・・・ところが「味 太助」は違っていた。素朴ながら生きる活力をもらえるような美味しさがあふれていた。
 ところで、仙台名物と銘打つ牛タンの店は今や東京都内にもたくさんある。いつのまに牛タンはこんなにも有名になったのだろうか。自分が子供の頃は牛タンの店など仙台であまり見かけた記憶がない。「味 太助」で牛タン定食が生まれたのが1948年。そこですぐに名物となったわけではないらしい。1975年に「喜助」がオープン、80年に仙台駅前に2店舗目を出して仙台名物を名乗った。そこで出張や旅行で仙台を訪れる人々の話題になり、仙台市も名物として売り出し、バブル期にたくさんの牛タン屋が仙台に出来た。これが仙台イコール牛タンという知名度を高めた歴史らしい(都会生活プロジェクト仙台チーム「仙台ルール」中経出版2013)。
 当初、牛タン屋は女性の行くところではないと言われたということだ。名物となり万人の人気メニューとなった今では、私を始め多くの女性客がその味を堪能できる。年明けの激務を元気にこなす活力を太助で充填できた。


テーマ : ご当地名物
ジャンル : グルメ

仙台光のページェント

2014年12月30日
 年末休みに宮城に帰省した。ちょっと仙台まで足を運んで、牛タンを食べたり本屋巡りを楽しんだ。夕方まで待ち、定禅寺通りの光のページェントを眺めた。
 オレンジ一色のきらめきは、しっとり深みのあるものだった。馴染みの彫刻も普段とは異なる美しさに見えた。昨年同様、親しい友人に写真をメールした。風景は同じようだが、写真を受け取る友人達も私も、この一年様々な出来事を経験している。ああ、また歳を越すのだなと、冷たい空気の中の温かい光を見て、しみじみした。来年はどんな気持ちで光のページェントをみるのだろうか。


テーマ : 宮城県
ジャンル : 地域情報

パトリスルコントが描く忍ぶ恋、「暮れ逢い」

2014年12月29日
 パトリスルコント監督の新作映画、「暮れ逢い」をみた。「髪結いの亭主」以来好きなフランス映画監督で、ほとんどの作品をみてきた。不安定さを持つ男女の関係を、刹那の中に描く映像が魅力の監督だと思う。
 今回の映画も、事業家の夫を持つ美女と、その事業家の秘書である若い男性との忍ぶ恋を描いた作品だ。お互いに高鳴る思いを、指先や視線、言葉で表現していく様は、「髪結いの亭主」や「イボンヌの香り」、「橋の上の娘」など、ルコント作品に一貫して流れる、抑制の中にエロス溢れる恋慕を描いているのだと思った。
 だが、ストーリーはやや怠惰だった。1900年代のファッションや主演女優の美しさはため息ものに美しかったけど・・
 忍ぶ恋を限られた条件のもとに描くには、唐突ながら私は日本の和歌に優れたものがあるように思う。特に百人一首にも取り上げらた式子内親王の歌を思いだした。

玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば忍ぶることの弱りもぞする 新古今集 恋一 1034

 私の命よ、絶えるならば絶えてしまえ。これ以上長引くようなら忍ぶ思いが溢れて世に出てしまうだろうから。禁断の思慕を抑制の中に激しく色鮮やかに詠みあげた切ない歌。古来、日本の和歌には忍ぶ恋を詠みあげる伝統があるが、なかでも秀逸な和歌だと思う。
 忍ぶ恋を描くには、パトリスルコントのカメラワークよりも、日本の恋歌が胸に迫り勝る。そんな感想を抱いた作品だった。


テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

ワイン好きのお総菜20 ワイル博士のブロッコリー蒸し煮

2014年12月27日 
 冬の寒さが厳しくなると、ブロッコリーがどんどん安くなる。輸入物ではない、ごく近所で栽培されたブロッコリーを買うのは楽しい。おいしいだけではなく、ブロッコリーは健康にもよい。小説だけでなく、食のエッセイも面白い作家、角田光代さんは「だれしも『だいじょうぶ野菜』を心に持っている」とおっしゃる (「今日もごちそうさまでした」 新潮文庫 2014)。体調を整えたいような時に、これを食べれば大丈夫と思えるような野菜のことだ。たとえば角田さんはほうれんそう。おそらく、野菜が持つなんらかの栄養素や機能性がそう思わせるのだろう。なるほどと思わせる言葉である。
 私にもいくつか「だいじょうぶ野菜」がある。その筆頭がブロッコリーだ。濃い緑、ブーケのような塊(花蕾という)がいかにも健康によさそう。ブロッコリーに含まれるスルフォラファンが抗がん作用を持つことは有名だし、各種のビタミンも豊富。お弁当や白いお皿に盛りつけると、その濃い緑が他の食材の色を引き締めて、バランスよく美味しそうに見せてくれる。
 ということで、冬には毎週ブロッコリーを購入することになるが、茹でてサラダにするだけではどうしても飽きてしまう。そんなときによくつくるのが、ブロッコリーのオリーブオイル蒸し煮。ざくざくと茎まで一口大に切ったブロッコリーを鍋に入れ、少々の水、塩、そしてオリーブオイルを回しかけて火をつけ、5分ほど蒸し煮する。茎が固ければ、皮を剥いて刻むと、無駄が少なくたっぷりと可食できる。簡単で美味しくて、一房分があっという間になくなってしまう。この料理、ひとの自然治癒力を高めることに主眼を置いた統合医療の権威、アンドルーワイル博士の本(「癒やす心、治る力.」上野圭一訳 角川文庫)を参考に作ったものだ。本当はニンニクも入れて蒸すのだが、我が家は夫がにんにく嫌いなので省略。本当はニンニクを入れた方が、より「だいじょうぶ」度が増すと思う。
 野菜は薬ではないので、「だいじょうぶ」の度合いを間違えないようにしなければならない。だが、だいじょうぶ野菜をたっぷり定期的に食べることは、健やかな心身を保つためにとても大切なこと。栄養素や機能性だけにとらわれすぎるのはどうかと思うが、適切な栄養や健康の知識を持ちながら、日々三度の食事を重ねて行くことは大事なことだ。そんなときに美味しくたべられる調理方法の引き出しを、少しでも多く持っていたいと思う。まあ、どんなにヘルシーな食材と調理法も、ワインを飲み過ぎては全く不健康なのではあるが・・・だからこそ「だいじょうぶ野菜」を欲する、自分の矛盾を悲しく思う。

ブロッコリのオリーブオイル蒸し煮

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

テーマ : 簡単レシピ
ジャンル : グルメ

甲州のワイナリーを訪ねる ルミエール

ルミエール

2014年12月26日
 長野の旅の帰り道、山梨に立ち寄った。目当てはワインをたんまり買うことだ。お気に入りのワイナリー、ルミエールには年に1,2回訪れて、好みのワインを購入する。静かなワイナリーはこじゃれた外観。併設されたレストランもおしゃれ。

ルミエールで買ったワイン

 愛飲するルミエールの甲州シュールリーを、在るだけ購入した。日本のぶどう、マスカットベリーAから造られた軽いワインも数本お試し。

ルミエールの葡萄畑
 
 すぐ目の前にある葡萄畑を眺めながら、やまほどとワインを購入して嬉しい冬のドライブ旅だった。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

ミキモトのクリスマスツリー

2014 年11月24日

 急に平日の休みが取れたので、映画鑑賞のために銀座に出かけた。映画を見て、デパ地下で買い物を終えると、外はすっかり暗くなり、銀座は華やかなイルミネーションで輝いていた。なかでもひときわ輝いていたのが、ミキモトのクリスマスツリー。たくさんの人々が、楽しげに写真におさめていた。
 私も何枚も撮影し、大切な家族や友人に送信した。ミキモトには結婚の記念品を購入して以来、毎年メンテナンスのために訪れている。仕事の大きな区切りには、やはりミキモトのアクセサリーを自分へのご褒美にしている。艶やかなパールは、宝石のなかで最も好むものだ。ミキモトのパール、余りに高品質で重たいのがたまにきず。最近は軽いコットンパールのネックレスを愛用してしまう。フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」だってフェイクパールという説もあるから、あまり宝石の真贋にこだわるよりも、いかに人として女性として内面から輝き、それを引きたてる装いなのかが大事なのだろうと思う。でもやっぱりミキモトのパールの、しっとり深い艶めきは、フェイクとは次元が異なる美しさ。ツリーも道路を装飾するイルミネーションとはやはり異なる輝きを放っていた。
 銀座の冬の名物である、ミキモトのクリスマスツリー。今年で最後の展示だそう。そうとは知らずにのんびり眺めて通り過ぎてしまった。他にもキラキラ輝くイルミネーションにあふれている今日この頃。平和で豊かな国に生きる幸せを感じて、大晦日まで各地のイルミネーションを楽しみたい。まあ、私のNo.1は仙台光のページェントだけど、ミキモトのだってなかなか素敵だ。恒例のイルミネーションには、たいてい輝くような思い出が伴うものだから、殊更に美しく感じられる。




テーマ : イルミネーション
ジャンル : 地域情報

懐石にシャブリ ドメーヌラロシュ

2014年12月23日
 久しぶりにシャブリを飲んだ。ブルゴーニュの北外れにある地区で作られる白ワインだが、火打ち石のような香りときりりとしたミネラル豊かな味わいが特徴と言われる、シャルドネの中では個性的なワインだ。ワインを飲み始めたごく若い頃は多飲したものだが、最近はその個性が普段の食事と合わないこともあり、頻回に飲むことはない。牡蠣の季節や白身魚にたまに合わせるくらい。今回は日本食の店、吉兆のワインリストにあった白ワインから選択していただいた。
 初めていただいたドメーヌラロシュのシャブリ サン・マルタン(ラロシュのHP,シャブリサンマルタンのことはこちら→ドメーヌラロシュ )は、火打ち石というよりはごく軽い白い果物と花の香りがした。味もきりりというよりは、なめらかで嫌みの無いバランスの良さ。シャブリには酸味がしっかりしたものが多いと思うが、これは柔らかい味わいだった。とりたてて個性があるわけではないが、優しい味。懐石は、柿と大根を胡麻風味に白和えしたなます、烏賊・甘海老・鮪のお造り、白海老のかき揚げ、ゆり根と牛ロース焼きの炊き合わせなど、多彩なものだったが、いずれにもシャブリは優しく調和した。鮟肝を生姜醤油で煮含めたものやぶり大根と、甘辛い醤油味のメニューもあったが、このシャブリは控えめながらその濃い目の味にまけなかった。しっかりした骨格を感じた。
 シャブリには等級があり、上からシャブリグランクリュ、プルミエクリュ、シャブリ、プティシャブリである。つまり今回は3番目の並ワインだが、変に自己主張することなく手の込んだ懐石料理と調和していたような気がする。日本料理には、砂糖やみりんなど糖分が多い調味料を使うことが多く、合わせる白ワインに悩むことがある。酸味やフルーツの香りは、日本食の味付けや米に合わないと思うから。ましてシャブリはそうだ。だが今回は美味しく調和した。ニコニコ機嫌良く完食してしまった。
 雪の長野で、柔らかな味わいのシャブリに出会い、懐石と合わせて驚きを感じた。美味しくて満腹で満足度が高かった。食に関するこんな驚きは、頻回に体験したいものである。

参考:山本博著 特集シャブリ物語 ワイン王国19 2003

シャブリ ドメーヌラロシュ

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

金曜日のパスタ17 ツナと赤黄ピーマンのトマトスパゲティ

2014年12月23日
 師走でとにかく忙しい。金曜日には食材も残り少なくなってくる。そんな日の夜ご飯には、作り置きのソースや缶詰が大活躍。よく作る常備菜の一つ、ピペラードソースとツナ缶で簡単に作ったスパゲティ。
 ピペラードソースとは、フランスのバスク地方の郷土料理でピーマンを煮込んだトマトソースのこと。トマトソースを常備するよりも、より野菜をたっぷり食べられるしラタトウイユよりも野菜の品数が少なくて済むのでよく作る。ピペラードソースはこちら→豚のバスク風。週末に作って、一週間の間にいろいろと展開させていく。働く女の知恵である。
 スパゲティを茹でている間に、フライパンにこのピペラードソースを入れて温め、ツナ缶を加える。ゆであがったスパゲティを和える。ソースに水分が少ないときには茹で汁で加減する。お皿に盛って、手でちぎった庭のパセリを散らした。
 トマトの赤の中には、赤・黄色の千切りピーマンがたっぷりかくれている。ツナと絡んで食感もしっとり。10分でできあがるパスタである。


ツナと赤黄ピーマンのトマトソーススパゲティ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

テーマ : パスタ
ジャンル : グルメ

冬の長野旅③ 吉兆のぶり大根

2014年12月22日 
 信濃大町にあるホテルには、日本料理で有名な吉兆が入っている。上品な懐石料理をいただくのが楽しみで、このホテルに滞在する。たっぷりの鰹でとった出汁が心の底から美味しい汁物や煮物。季節の食材や飾り付けの八寸。自分ではなかなか作ることができない、プロの和食を味わうのはなんとも幸せなことだ。
 今回特に美味だったのは、ブリ大根だった。アラで煮込む庶民的なブリ大根ではなく、ブリ・大根ともにしっかりと形と軽い歯ごたえが残るように煮含められたブリ大根だった。ゆずの皮がたっぷり添えられているのも、冬の味覚という感じで美味しかった。味は醤油味がしっかりと効いている。
 家庭で作るブリ大根とは異なる、上品に仕上げられたブリ大根だった。

吉兆のぶり大根

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

冬の長野旅② 川中島古戦場 ~信玄と謙信の激闘地~

2014年12月21日
 長野への旅で、かねてから行きたいと願っていた川中島古戦場を訪ねた。言うまでもなく、武田信玄と上杉謙信の激闘、川中島の戦いの場である。さほど詳しくないこの時代の戦、今回の旅で川中島の戦いが5回あったこと、なかでも4回目の舞台がこの古戦場のある八幡原であったことなどを知った。多くの武将たちが知略を尽くして激戦を重ねたらしい。→長野市「信州・風林火山特設サイト」 現在この古戦場は、八幡社という小さな神社や信玄・謙信一騎打ちの像などが置かれた史跡公園となっている。
信玄・謙信一騎打ちの像

  地域の小学生・親御さんとおぼしき集団が、雨模様にもかかわらず公園内でピクニックをしているようだった。肥沃で広大なこの北信濃で、千曲川や周辺の山々を舞台に川中島の戦いが行われたのか。私が訪れた日は、かつて激戦の地だったとは思えない、のどかな雰囲気がただよっていた。
川中島古戦場地図

 丁度昼時だったので、公園内にある蕎麦屋で昼食をとった。天ざるの味はまあまあ。蕎麦はちゅるちゅるした食感。蕎麦の香りがごくわずか。夫の頼んだ「横綱そば」は通常の2.4倍量だとか。苦労して食べていた。
川中島古戦場の蕎麦屋
 隣の売店では立派な長芋を売っていた。千曲川河川敷で獲れるものだとか。豊かな川の恵みで、土地が豊かなのだろうと思った。1本購入した。茨城から来たと告げると、お店のご婦人がリンゴを一個おまけしてくれて嬉しい。 数々の農産物が豊かな土地だと思う。それゆえに古来から人が争い、手に入れようとするのかとも思った。
川中島古戦場の長芋

もともとは、八木修監修「御朱印ブック」(日本文芸社)に紹介されていた御朱印を求めて訪ねた旅。実際訪ねて、そして振り返ってみて、戦国時代から多くの人々の暮らしを見つめ、支え、そして合戦の舞台となった土地なのだとしみじみした。2007年大河ドラマをごくたまに見たくらいの知識では、十分に味わうことが出来なかった旅でもあった。この年末年始の休みにでも、小説風林火山を読もうかなと思った。
IMG_7585.jpg

 古戦場近くには、武田信玄の弟を供養する典厩寺もある。巨大な閻魔大王の像が迫力満点だった。
典厩寺えんま大王

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR