月の輝く夜の絵本 いわさきちひろ「絵のない絵本」

スーパームーン2015928
2015年9月29日
 十五夜やスーパームーンを堪能した、虫の音も涼やかな秋の夜。我が家ではリビングから吹き抜けの窓を通じて、満月をみることができる。ソファに座ってゆっくりと月の位置が変わっていくさまや、薄雲に銀色の月が見え隠れする姿を見られることは、大変な贅沢だなと感じる。意図して設計したわけではないのに、丁度満月の頃に、こうした夜空を堪能できるのだ。
 そんなときによく思い出す、昔読んだ素敵な本、アンデルセンの「絵のない絵本」。月が孤独な青年に話しかける、世界中の様々な物語。夜空から眺めた、地球のあちらこちらで起こっているエピソードを語るのだ。なんて素敵なシチュエーションなのだろう。しかし、月が語りかけるそのエピソードは、ちょっぴりもの悲しく、寂しいものが多い。恋人や家族の死や別れ、孤独な人生。静かに、だが月の照らす銀世界に映えるような美しい物語ばかり。
 いわさきちひろさんがモノトーンのなかに描いた「絵のない絵本」。ちょっとエキゾチックなインドや中東、優雅なヨーロッパの街など、世界中をくまなくみた月が語る物語。「いまから百何十年も前に書かれたものですが、人の世の悲しみや真実が描かれていて、それは今の世も全く同じです。アンデルセンは神を信じていた人ですが、神の力ではどうにもならない人の不幸をリアルに描きだしているところも面白い」といわさきちひろは語ったという(別冊太陽 いわさきちひろ 子どもの心を見つめた画家 2007年 平凡社)。人の人生は不条理なものである。清廉潔白に生きたひとが安らかな死を迎えるわけではないし、親切なひとが幸せな人生を歩むわけでもない。モノトーンの中に、悲しみや寂しさを描いた、大人のための絵本を眺めながら、今夜も月と会話したい。元気に明るく生きることだけが、人生の味わいではないということが、切々と伝わってくる。
ちひろ 絵のない絵本1
参考:アンデルセン 山室静訳 いわさきちひろ画 絵のない絵本 童心社 1966
絵は上述、別冊太陽より拝借

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 芸術・心・癒し
ジャンル : 学問・文化・芸術

宮城の誇る萩、ミヤギノハギと「萩の月」

2015年9月28日
 庭のミヤギノハギが満開だ。白萩、紅色の萩、二種のミヤギノハギを植えている。今年はことに白萩が美しく咲き乱れている。小さいが、マメ科らしいふっくらした花が愛おしい。蜜もあるのだろうか、たくさんの蜂や蝶もやってきて、一生懸命に花に潜り込んでいる。そうすると枝がゆらゆらと揺れ、風情が増す。蟷螂やウスバカゲロウも頻繁に卵を植え付けていて、様々な生き物が萩のもとで生をはぐくんでいる。萩の咲く庭にいると、自然の豊かさに満たされて、幸せな気分になる。
 ミヤギノハギは、その名の通り、わが故郷、宮城県の県花である。野原には自生し、母校にもたくさんのミヤギノハギがあった。幼い頃の秋の思い出は、いずれも萩の美しさに彩られている。特に小学校の校庭には、生け垣のようにぐるりと植えられていた。校舎が老朽化して建て替えられたときに、ほとんどが処分されてしまって、今はもうないのが寂しい。
 自分で実際に植えてみると、その生命力の強いことに驚かされる。ほんの数十センチで購入した二本の苗木は、今や2メートルほどにも成長している。梅雨の頃にだいぶ剪定するのだが、みるみる伸びて、やはり私の身長を遙かにしのいでしまう。頭上でゆらゆら揺れる萩をみると、強くしなやかに生きなさいと言われているような気になる。

 宮城県が誇る銘菓には、「萩の月」という素敵な名前がつけられている。類似品も多く出回るが、素朴なカスタードクリームの優しい甘さ、ふんわりしたスポンジ生地の美味しさは、萩の月ならでは。冷凍しても、レンジで温めても美味しい。お土産に差し上げると大変な歓迎を受け、必ず「宮城県のひと」と印象づけられて効果的である。一昔前は、製造工場でスポンジが破れてしまったというパック詰めの「萩の月パンク」が安価で売っていて、自宅で食べる分に重宝していた。チョコレート味の「萩の調(しらべ)」というのもあったが、こちらは最近みない。萩の月とチョコレート、両者を愛する私としては、ちょっと中途半端な味に感じられ、あまり好きではなかったが、それでもお土産には2種詰め合わせてもらったものである。三全の店舗で聞いたら、震災で工場の製造ラインに不具合が生じ、製造不能になったとか。再製造の予定もないという。もともと萩の月に比べると、人気もなかったのだろうが、そういった事情を聞くと、無性に寂しくもある。丈夫な植物の萩のように、萩の調も復活して欲しいなと思う。
 

ミヤギノハギ 2015

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

柿の紅葉の美しさ 「琳派と秋の彩り展」

山種 琳派と秋の彩り
2015年9月27日
 山種美術館で行われている特別展「琳派と秋の彩り」展に出かけた。今年は琳派400年記念ということで、各地で琳派の展覧会が催され、楽しい。山種美術館でも俵屋宗達や酒井抱一を始めとする琳派の絵画が多数紹介されていた。この美術館は絞り込んだテーマに沿った出品リストが、物語性をもっていることが多く、流麗さを感じるほどだ。それゆえ、以前みたことがある絵画であっても、再会の時には異なる魅力を放っていることもあり、そんな出会いが楽しい。琳派の絵画や、大好きな速水御舟、奥村土牛、川合玉堂の作品など、今回も十分に愉しむことが出来た。
 最近注目している福田平八郎の「彩秋」というのがいい。華やかさはないが、幾重に彩られた柿の葉。素朴で充実した秋を感じる。そしてその下には、すっとシンプルに数本のススキが描かれている。このススキの描き方が、デザイン画のようでもあり、しゃれている。シンプルに線で描かれたススキと、豊かな質感・彩りの柿の対比。おしゃれだな~と、とても心ひかれた。
福田平八郎 彩秋
 数日後、馴染みの梨農家さん直売所に出かけたら、丁度柿の実と紅葉を眺めることが出来た。美しく豊かな実りの秋。静かでちょっぴり寂しさも伴う秋。絵画の秋は、実世界を描きつつも、なお味わい深い。豊かな巡り会いが出来たこの秋、いいことがありそうである。
柿の実と紅葉

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村 
 

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

青藤色の薔薇 しのぶれど

2015年9月26日
 青味のある魅力的な藤色の薔薇、しのぶれどが秋になり咲いている。小さめのまあるいカップ咲きが愛らしいし、幾重もの花びらはゆらゆらと繊細にカーブが入っていて、たいそう優美な印象である。雨に濡れたり、虫にやられると、すぐに茶色くしおれ気味になってしまうのが残念だが、そんな世間の厳しい環境についつい揺らいでしまう弱さもまた、その名にふさわしい感じがして、妙に納得してしまう。
 いわずもがな、百人一首に選ばれた名歌の初句から名付けられた、日本の京成バラ園芸の作品である。

しのぶれど色に出にけりわが恋はものや思ふと人の問ふまで  平兼盛 拾遺集 恋一 622

この歌の「しのぶれど」という美しい響きを、薔薇の名に選んだセンスに脱帽である。初めて園芸店でこの薔薇に出会った時、まさにひとめぼれしてしまった。ひとに言えない苦しい恋を表すのに、この青みのある藤色は絶妙な色だ。柔らかに揺れる花びらの様子も、許されぬ恋に陥ってしまった苦しさを表現しているようである。それでいて、理性では抗えない美しい魅力にあふれている。絶妙の名ではないだろうか。香りも、甘美でかつレモンのような切ない感じ。
 個人的には、百人一首のやはり忍ぶ恋を詠んだ次の歌の方が、好きではある。

恋すてふわが名はまだき立ちにけり人知れずこそ思ひそめしか 壬生忠見 拾遺集 恋一 621

人に知られないように、思い始めたばかりなのに・・・。切なく純な風情がある下の句が良い。けれど、薔薇の名として優美な風情にぴったりと添うのは、やはり「しのぶれど」という五文字の言葉だろう。
 美しさと華やぎと、そして、和歌にまつわる様々な恋模様を想像させる、そんなこの薔薇が大好きである。
 

しのぶれど2015秋

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ワイン好きのお総菜34 空芯菜とベーコンのタイ風炒め

2015年9月25日
 タイ料理の人気メニュー、空芯菜の炒め物。ワインにも合うように、ベーコンを加えてコクを出した。また、彩りに赤ピーマンも加えるのが私風。
 空芯菜は食べやすい大きさに切っておく。赤ピーマン、ベーコンも同じくらいの大きさにカットする。フライパンにごま油とニンニクを入れて熱し、ベーコンを炒める。そこにピーマン、空芯菜の茎、葉の順で強火でじゃじゃっと炒める。ナンプラー、シーズニングソースで味をつけて出来上がり。胡椒をたっぷり振って。ナンプラーをオイスターソースに変えても。要するにタイの調味料を加えて、気分を出すのがポイントである。
タイ風空芯菜とベーコン炒め

 タイには、空芯菜炒めと似たメニューで、かいらん菜と豚肉の炒め物というのがある。こちらは揚げた豚バラ肉をかいらん菜(タイ語でカナー菜)と共に炒め、ちょっと甘めの味付けにしたもの。青菜だけも美味しいが、豚バラ肉のコクをプラスすると、もっと美味しい。ワインに合わせるには、こちらが断然良いと思った。手持ちのレシピ本(マンゴツリーバンコク・東京店の味)では、一度豚バラ塊肉を下ゆでしカリッと揚げてから切って、青菜炒めに加えている(「本当においしく作れる人気店のタイ・ベトナム・インド料理」世界文化社 2013年)。下の写真は今年5月に訪れたプーパッポンカレーで有名なバンコクのレストラン、ソンブーンのかいらん菜炒め。こりっとした茎に豚肉のコクが絡んで美味しかった。それまで空芯菜炒めしか知らなかったのだが、現地に駐在していた友人が選んでくれたメニューである。とても美味しくて、一同大絶賛。クールな表情で満足していた友人の顔が思い出される。空芯菜にベーコンを加えて炒めるのは、このかいらん菜の豚バラ炒めのアレンジである。
かいらん菜と豚バラ炒め

 タイの調味料はいずれもコクとインパクトがあるので、ワインもそれなりにしっかりしたものを合わせたい。そうはいっても、この日もお安いボルドーワイン、アニョー・ルージュ。ワインも青菜炒めも人なつこい味なので、なかなか良いコンビだ。

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

クレオパトラの魅力

クレオパトラ展
2015年9月24日
 古代エジプト史上で最も有名な美女、クレオパトラ。大盛況のうちに会期終了したクレオパトラとエジプトの王妃展は、なかなか楽しかった。一体なぜ、こんなにも古代エジプト人の生き方に人々は魅了されるのだろうか。特に、多くの人がクレオパトラの魅力に引きつけられるのは、悲劇的な最期のためか、それともドラマティックな恋愛ゆえのものなのだろうか。
 偉大な王ラムセス2世の妻ネフェルタリや、堅実な良王ハトシェプスト女王、美女として有名なネフェルティティなど、古代エジプト史上には魅力的な女性があまたいる。それでもやはり、最も知名度があるのはクレオパトラだろう。ローマの権力者二人を虜にした悪女として描かれることもある。クレオパトラは鷲鼻にとがった顎を持ち、さほど美女ではなかったという。それでもこの展覧会でお目見えしたクレオパトラは、いずれも美女ばかり。会場に入ってすぐにあるダニエル・デュコマン・ドウ・ロクレ作のクレオパトラ像は、ゆったりしたドレープも美しい衣に身を包んだ、丸みのある姿態の美女で、同姓ながら思わず心を奪われた。
クレオパトラ マルセイユ美術館
 クレオパトラの像の後には、カエサルやアントニウスの頭部像、有名なアクティウムの戦いのレリーフなどが展示され、クレオパトラの人生をゆっくりとたどりながら作品を鑑賞することができた。そして最後にクレオパトラの死を妖艶に描いた絵画。こちらも真っ白な肌の裸体が輝き、毒蛇に噛まれて死ぬ壮絶で哀しい場面ながら、うっとりするような美しさを醸し出していた。
 決して美女ではなかったというクレオパトラ。豊かな教養と巧みな話術によって、多くの人を魅了したという。包まった敷物からくるくると現れてカエサルの前に登場したり、薔薇を敷き詰めた部屋に男性を導いて愛を交わしたりと、小粋な演出を恋愛に活用した。美女ではなくても、会話を縦横無尽に膨らませ、一緒にいればときめきを感じる、そんな女性だったのではないだろうか。内面から輝く魅力が、古来から多くの芸術家や小説家を刺激し、それが外観の美しさへと創造を駆り立てたのだろう。
 安易な美容整形や化粧に走りがちなイマドキ女性に、クレオパトラの魅力の源泉を語り聞かせたら、どんな反応をするのだろうか。そんなことを考えながら、展覧会を巡った。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

過去のエジプト関連記事→
ネフェルティティのゴブレット
アヌビス神

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

浅草名所七福神 ③

本龍院

2015年9月22日
 浅草七福神のなかで、最も印象深い二つの寺社は、浅草から東北に向かい、隅田川にほど近い本龍院と今戸神社。全く異なる意味で、この二つが印象的だった。
 待乳山聖天(まつちやましょうてん)本龍院は、推古天皇の時代にわき出た霊山がもとであると言われている(待乳山聖天パンフレットより)ようなので、たいそう古い歴史を持つ。こんもりとした丘に本堂や稲荷尊、神楽殿などがあり、ちょっとした庭園まである。長い歴史の中で、人々から篤く親しまれた寺社のようだ。あの歌川広重もこの丘やお参りする信徒を浮世絵に描いているとのこと。また、特徴的なのは、大根で有名なお寺とのことで、境内には様々な大根がかざられている。大根は人の迷いの心を示し、お供えすることで洗い清められるという意味なのだそう。
本龍院の大根飾り
本堂正面の大根と巾着の飾り
本龍院のお供え大根
本堂内部では、たくさんの大根がお供えられ、複数人が熱心に読経を唱えていた。祈りの込められる、静かな良いお寺だった。
  
 本龍院から歩いて数分のところにあるのが、今戸神社。こちらは招き猫発祥の地と言われ、境内には様々な招き猫がかざられていた。
今戸神社

今戸神社招き猫

今戸神社招き猫2
 撫でると御利益があるという、石造りの招き猫。
今戸神社猫の飾り
 緑の蔦?の中にたくさんいる、猫の飾り。
今戸神社ダンスの映像
 おみくじ売り場には、ラッキイ池田とおぼしき人が踊る今戸神社踊りの映像が繰り返されていた。
今戸神社招き猫3
 その奥にある、多数の招き猫たち。

 縁結びの御利益もあるということで、お若いカップルや外国人もたくさんいた。御朱印をいただく方も、大変明るく元気な女性だった。本龍院でしんみりした気持ちになったあとに、やけに明るいお祭り気分になった。好みで言えば、本龍院を最後にしてしっとり終わらせると良かったかな・・・。
 本当はもう少し北上して、不動院、石浜神社とめぐれば浅草名所七福神、合計九カ所だった。しかし、ここまでで二万歩達成し、ふくらはぎが痛くなったので断念。また次回、今度はバスも利用すればもう少し楽に巡れるかも・・・楽して巡ってはあまり意味がないかもしれない札所巡りだが、楽しいイベントや寺社のもつ歴史や文化に思いを馳せる小旅行として、また再び挑戦したい。
 
 

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

浅草名所七福神 ②

2015年9月21日
 浅草といえば浅草寺。浅草名所七福神にも、もちろん浅草寺は含まれている。大黒天を祀る広く庶民に慕われる寺。江戸三十三観音札所、板東三十三観音霊場でもある。いつ行ってもたくさんの人がお参りしている。
浅草浅草寺

 浅草寺五重塔
 美しい五重塔もある。着物姿のひとや外国の方が、たくさん写真におさめている。

浅草寺に向かって右手、同敷地内にある浅草神社。こじんまりと、意外に人気が少なくて、お参りするにはちょうど良い感じ。
浅草神社

 浅草神社から更に奥まったところには、被官(ひかん)神社というのがある。こちらは七福神ではないが、五穀豊穣や芸能上達に御利益がある神社ということで、落語家の方が多く参拝するそう。ひっそりとごくごく小さな神社だが、小さくて可愛らしい狐がたくさん祀られていて、今回ファンになった。
被官神社
被官神社のおいなりさん

 浅草で浅草寺詣でなんて、王道すぎる観光だが、何度訪れても初めての発見が見つかる。楽しい界隈だ。

続く

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

浅草名所七福神巡り ①

2015年9月20日
 浅草には七福神を巡るコースがある。浅草名所(などころ)七福神→浅草名所七福神 という。晴天の休日、一日かけてのんびりあるくことにした。
 七福神とはいうが、この浅草版では福禄寿、寿老人が2社ずつあり9ヶ所になる。全部は無理かな、と思い、せめて七つは頑張って歩こうと決意し、出発した。最初に上野の東京博物館に寄り道して、鶯谷駅周辺からまずは千束の鷲(おおとり)神社、吉原神社をめざした。20分ほど歩いて、鷲神社に到着。
おおとり神社
 寿老人を祀った開運・商売繁盛の神社。中には大きなおかめの像もあり、撫でると幸運に恵まれるそう。じっくりと撫でた。
なでおかめ


 
 最も訪れたかった神社、吉原神社。その名でわかるとおり、吉原遊郭の遊女達を見守ってきた神社である。優美な白蛇のような姿が描かれるため、数々の御朱印本で取り上げられる神社でもある。様々な境遇の女性たちが、幸せを祈ってきたのではないだろうか。遊女のような大変な思いこそしていない私だが、一人の女性として、愛や美にあふれた人生であるよう祈らずにいられない。
吉原神社


吉原神社から1分ほど歩いたところに、吉原神社飛び地境内地がある。関東大震災で殉難した人々を慰霊する観音像がたっている。こちらに弁財天の本宮もあり、色彩豊かな壁画が描かれている。東京芸術大学の学生さんによる絵だそう。
吉原神社2
吉原神社弁財天
 本尊の弁財天。美しく気品のある面立ち。
曼珠沙華
 境内にちょうど曼珠沙華が鮮やかに咲いていた。女性の様々な人生を静かに見守ってきたのだろうか。

 千束から言問通りを目指し、そして浅草・合羽橋方面に向かう。
TX浅草駅あたりからスカイツリー
この浅草七福神巡りで楽しめたのは、寺社だけではない。至る所でスカイツリーを眺めることが出来た。これはつくばエクスプレス浅草駅近くから見えた、大きなスカイツリー。
 合羽橋を通り、次は矢先(やさき)神社へ。徳川家光ゆかりの神社。長寿の神様、福禄寿を祀っている。
矢先神社

矢先神社の天井画
 こちらは通し矢が行われた神社ということだ。天井には騎馬の武士像が描かれていて、なかなか壮観である。

続く・・・

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

浅草 さんしょで鰻重

2015年9月19日
 先日、浅草周辺を散策する機会があった。浅草でのグルメと言えば、天丼が有名だが、花街として栄えた浅草には鰻屋も多い。お昼につくばエクスプレス浅草駅からほど近いうなぎや「さんしょ」で美味しい鰻重を堪能した。
 いちばんこぶりの鰻重を注文。こんがり、つややかに焼き上げられた鰻が美味しそう。タレは甘すぎず辛すぎず、好みの味わい。お米もつやつやふっくら、美味な一粒一粒に、この美味しいタレが絡んでとても美味しい。鰻も美味しいが、何よりも感動したのは、山椒の風味豊かなこと。振ると周囲に山椒の香りがふわりと立ち上がって、なんとも豊かで清々しい。鰻の美味しさが際立つ。山椒好きの私だが、人生最高の山椒の香りだった。また、鰻重に添えられたぬか漬けも美味しい。私もぬか床を持っているのだが、こちらのぬか漬け、よく浸かった乳酸の風味が美味しいものだった。自分のぬか漬けを大いに反省させられた。
 さすがに店名に「さんしょ」とつけるだけあるのだなと感激した。しかもさんしょう、ではなく、さんしょ、とちょっと短く切るのが、粋な感じ。小さなさりげない店構え、美味しくて香り豊かな鰻重。浅草歩きで疲れた身体には、とてもよくあう昼食となった。大満足。


さんしょの鰻重

テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR