懐かしの味、肉団子

2015年11月30日
 昨日は「いい肉の日」、11月29日だった。そんな日に、なかなか美味しい豚肉お総菜、肉団子を味わうことが出来た。実家のある宮城県白石市の隠れた名店?お総菜である。
 ろくなカフェさえない田舎町、白石。友人と会う約束をしたはいいが、PCで検索しても「カフェ」はヒットしない。ここなら、と思った駅前ホテルは、震災後閉館したようだった。老いた母親に聞いても「かへ~?そんなのないがや。コープのパン屋にある椅子(イートインスペースのことか?)で駄目が~?」と、まったくあてにならない。結局、友人の職場である高校で、セブンイレブンのドーナツをほおばりながら、用事を済ませることとなった。
 そんな街だが、以前から気になっていた総菜店があった。たまたま店の前を通りかかり、宮城の美味探求ブログ→ミサワヤ 肉団子記事で紹介されていた外観を思い出し、迷わず購入した次第である。
 昔懐かしい、良く伸びるラップに包まれた、黒っぽい肉団子。一串100円という良心的な値段だ。帰路の車で味わった。肉っぽい!おそらくつなぎはごくごく少量で、美味しい脂身の豚肉とネギの香味がしっとりと拡がる。好みの問題だろうが、タレが甘辛すぎて残念。濃い味はご飯と合うだろうし、昔懐かしい田舎風味で好もしいが、薄味になれた私には、濃すぎる味だった。お肉の美味しさを味わうには、やはり薄味が好みである。だが、そんな味付けの欠点?も吹き飛ぶ、お肉の美味しさだった。さすが、評判の味。
 帰省の度に、親の老いを痛感する。介護や重要な意志決定を迫られる時は遠くない。いずれ、故郷にしばらく逗留しなければならない日が来るだろう。静かなただの田舎町だが、ちょっとした美味を見つけると、そんな逗留も楽しみながらできるかもしれない、そんな気楽な気分になれた。

ミサワヤ肉団子

テーマ : 宮城県
ジャンル : 地域情報

ワイン好きのお総菜37 簡単タルトフランベ

簡単タルトフランベ
2015年11月29日
 フランスの北東部、ドイツとの国境であるアルザス地方は美食の宝庫。シュークルートやチーズのマンステール、お菓子のクグロフなどが有名である。実はフォアグラの産地でもあり、数々のフルーツも美味。日本でも有名なジャムの作り手、クリスティン・フェルベールさんのお店もアルザス地方にある。ワインの産地でもあるため、一度ならず訪れた大好きな地方だ。
 最近、住宅街のなかにあるごくごく小さなパン屋に、アルザス地方のピザのような軽食パン、タルトフランベが売っていた。
タルトフランベ
→http://www.gris-gris.sakura.ne.jp/
ほのかな酸味のあるフロマージュブランと、タマネギの風味と甘み、ベーコンのコクがある美味しい軽食パンである。アルザスの小さな可愛らしい街、コルマールで食べた思い出がよみがえって楽しい。何度となく、このパン屋を訪れるが、あいにく休みだったり、売れ切れ?だったりして空振りのことも多い。そこで自分で作ることにした。
 パンやピザ生地を作るのは大変だ。そこで、春巻きの皮にマヨネーズを少量塗りつけ、糊のようにして数枚重ねていく(これを焼くと、ぱりぱりとしたパイ生地のようになるのだ)。重ねた春巻きの皮に、サワークリームをたっぷり塗り、軽く炒めた千切りタマネギ、ベーコンをのせて、10分くらい、生地に焦げ目が付くまでオーブントースターで焼く。胡椒を振って出来上がり。本当のレシピは、ちゃんとイーストで発酵させた生地を使うようだが、こちらのレシピはごくごく簡単。おまけに糖質の量も少なめ、そしてぱりぱりとした食感は、なかなかのお味である。
 ワインはよく冷えたアルザスの辛口白ワインが一番あう。でもまあ、気軽な料理なので、気取らずにどんなワインやビールでも美味しい。


にほんブログ村

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

鮮やかな色と直視 ロザリオの聖母

2015年11月26日
 三菱一号館美術館のプラド美術展を鑑賞した。絵自体は小さめのものが多いが、珠玉の作品が集まる展覧会だった。
 聖母を描く絵を見比べるのが好きだ。西洋絵画には、キリスト教あるいはギリシアローマ神話に基づく同一テーマを描いた絵画が多い。長い美術史のなかで様々な画家が、それぞれの技量や解釈をもって、描くその違い。それを、構図や色、アトリビュート(特定の人物を示す持ち物)などで読み解く面白さがある。最も、日本人にとって聖書、とくに旧約聖書やギリシアローマ神話の詳細を把握しながら読み解くことは、容易ではない。その中にあって、聖母像は母子の愛情と平穏という、古今東西普遍のテーマを描くものだから、日本人である私にもわかりやすいテーマということになる。
 この展示会でも、ムリーリョの聖母子像に心ひかれた。ぱっと眼に入る美しい赤と青の衣服。絹を思わせる艶やかで、品ある布地。ラピスラズリの青は、マドンナブルーとも呼ばれる、聖母マリアを示す高貴な色である。この絵では、青よりも分量がたっぷりな赤が印象的だ。赤は神の慈愛を示す、やはりマリアを示す色であるが、私はマリアを示すアトリビュートの白百合の白が好きだった。だが、たっぷりとした赤が印象的なこの聖母子像に、はっとさせられた。視線を聖母子に向ければ、二人ともなんとしっかりと正面を直視しているのか。まるでこれからイエスに起こる障壁と、それを乗り越える意志の強さを感じさせるかのようである。困難を直視し、乗り越える強さ、そんな意志をこの画面から感じた。白ではきっと感じ得ない、力強さが重厚な赤と青に満ちていた。
 スペインの赤は、イスラムからの国土回復運動で流れたキリスト教徒の血の色をも示す。ふたつの宗教が揺れる時代が未だ続いていることを、最近の哀しい事件で痛感させられる。ムリーリョは愛する子ども達を、次々とペストで喪いながら、美しく慈愛に満ちた絵を描き続けた。人を愛し尊重する心、困難に立ち向かう強い心はいつの世も変わらずあるはず。聖母子が求めた、隣人を愛する平穏な時間が、世界に満ちるよう願う。


ロザリオの聖母



にほんブログ村

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

キュートなラッピング マスキングテープ仕立て

2015年11月25日
 友人が、プレゼントを可愛らしくラッピングしてくれた。私がフランス好きと知って、エッフェル塔などがピンクに染められた紙にワインを包んでいる。そしてたくさんのマスキングテープで彩りを加えている。ドイツ語新聞とおぼしき渋い紙にも、ピンクのヒモとやはりマスキングテープ。一体何個、マスキングテープを持っているんだろうか?
 私もマスキングテープが好きで、ことある毎に買い求めている。職場のデスクに何個か、自宅にはキッチンとリビング、パソコンの横にそれぞれ、そして持ち歩くバッグにも1個、と、やたらと常備してある。テープとして貼っても、すぐに貼り直せる便利さがよい。手でちぎって簡単に使えるのも便利。何かを仮止めするのにぴったり。そして、友人のように飾りに使っても楽しい。
 友人もマスキングテープが大好きだそう。気の合う友人と、可愛らしく私好みに装ったプレゼント。うれしい贈り物だった。

フランス好き

テーマ : インテリア・雑貨
ジャンル : 趣味・実用

金曜日のパスタ30 アスパラ菜とベーコンのスパゲティ

2015年11月24日
 庭のポタジェで元気に育ったアスパラ菜。茎もどんとぶっとくなったが、適当に細く切って茹でればアスパラのような美味しさ。→オータムポエム 素朴にベーコンとオリーブオイルで味付けして、さっぱりといただいた。
 アスパラ菜は長さ4センチくらい、茎が太いところは縦半分や四分の一に食べやすい太さに切る。ベーコンは食べやすい大きさに切って、フライパンで炒める。スパゲティを茹でて、最後1,2分でアスパラ菜も投入し、一緒に茹で揚げる。お湯を切ってベーコンのフライパンに入れ、美味しいオリーブオイル、味が足りなければ塩を加え、最後に胡椒を振って出来上がり。開花した黄色い菜の花を添えた。
 素朴だけど、美味なアスパラ菜とベーコンの旨みを味わうスパゲティ。アクセントに七味唐辛子を振りかけて食べた。


アスパラ菜とベーコンのスパゲティ


にほんブログ村

テーマ : 麺・パスタなど
ジャンル : グルメ

丸の内 輝きに満ちて

丸ビル ツリー
2015年11月23日
 三連休、大げさな旅には出かけなかったが、銀座から丸の内をのんびりと一人お散歩を楽しんだ。折しもクリスマスに向けて、都会はイルミネーションに華やいでいる。ボーナスを見越した買い物も楽しく、ショッピング街をうろうろできた。上の写真は、丸ビルのロビーにあったカラフルなツリー。そばには小さなスケートリンクもしつらえられ、時間制で滑ることができるようだった。宮城の英雄、羽生君のポスターがたくさん展示されている。
 丸の内通り
 お気に入りショッピング街、丸の内の仲通り。休日のためか、無料で休めるテーブルと椅子が用意されていた。銀座から歩いて疲れた時に見つけて、大助かり。持参した緑茶とチョコレートで一休みした。ワンコを連れた人、買い物で楽しそうな女性グループ、カップルなどが、思い思いに休んでいた。夜はまた、素敵なイルミネーションで輝く場でもある。
 kitte クリスマスツリー
 前日に新聞に紹介されていた、東京駅前郵便局ビル、KITTEに飾られた、白いクリスマスツリー。室内のツリーとしては、国内最大級の14.5メートルなのだとか。
 買い物のあと、お世話になった大学の先生とお会いした。仕事メールではしょっちゅう対話していたが、お会いしたのは一年ぶり。苦労した前職場を去り、栄転でのびのびと活躍していらっしゃるようだった。しかも、結婚されて幸せいっぱいのご様子。お肌がツヤツヤと輝いていて、うらやましい。街の輝きと、大切な知人の輝く顔を眺めて、私もエネルギーを充填できた。
 
丸の内関連記事
① 東京駅周辺 つれづれなお散歩
東京ステーションホテル カメリア
東京駅を行き交う人々
イルミネーション関連記事
ミキモトのクリスマスツリー
仙台光のページェント2014
雪の長野 大町ホテル内のツリー

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 旅行

スロベニアの赤いスパークリングワイン ペニーナ

2015年11月21日
 自宅のパーティで、珍しいスロベニアのワインを開けた。しかも赤いスパークリングワインだ。スロベニアのスパークリングを、ペニーナと呼ぶ。会話の糸口にもなり、また、楽しく飲めたワインだった。
 スロベニアはオーストリア、イタリア、クロアチア、ハンガリーに接する小さなヨーロッパの国。紀元前6世紀からワインが作られ、ローマ帝国やオーストリアのハプスブルク家により発展した。夫が出張で訪れ、珍しいワインをということで購入してきた。旧ユーゴスラビアのスロベニアは、ボルドーやブルゴーニュと緯度がほぼ同じく、地理・気候的にもワイン造りに適しているらしい。(→スロベニアワインの世界スロベニアワイン
 赤いスパークリングというと、イタリアのランブルスコを彷彿させ、コーラのように甘いワインかと、夫と二人きりでは開ける気になれず、女性がメンバーにいるときに抜栓の機会を待っていた。濃い暗紫色、泡さえも美しいワインレッドに染まっている。ブルーベリーのような甘い香りが微かに漂う。意外に甘さは少ない。品の良い、甘くないグレープジュースのような味わいだった。料理とは合わせにくいだろう。ただ、五月雨式に集まる友人を待ちながら、おしゃべりに花を咲かせて、軽いスナックといただくには悪くない。
 仕事の話、旅の話、共通の友人の話題で、ゆっくりぐびぐびいただいた。旅好きの友人はスロベニアに行ったことがあった。有名な鍾乳洞の話、旅の景色の話、そしてまた仕事の話に行きつ戻りつ。パーティの最初を彩った華やかなこのワイン、会話を盛り上げる演出効果は抜群だった。明け方まで語り、飲んだ。
 
 


スロベニア ペニーナ

清楚すぎる柊の花

2015年11月19日
 柊の花が初めて咲いた。家を建て、お風呂の窓の下に侵入防止?として植えた、とげとげ葉っぱを持つ木。我が家の風呂場を覗く輩などはいないと思うが、それでも防犯には気を配りたい。換気のために窓を開けることも多いので、気休めながらもその窓を覆うようにと柊の木を植えた。4年目の今年、初めて開花した。
 ごく目立たない、白く小さく清楚な花。それでも気付くのは、微かな良い香りが漂うから。モクセイ科の名に恥じぬ、なかなかの香りである。
 小さな樹木だったが、日当たりが悪いにもかかわらず、すくすく育った。今では、悪人ではなく我が家の住人が近くを通る度に、ちくちくと葉っぱのトゲが刺さって痛い。適当に剪定を繰り返して、ささやかにかわいがってきた。開花など期待していなかったが、良い香りを放ちながら、ひっそりと咲いていて、およそ私にはない控えめさとしなやかさである。
 古来から邪気の侵入を防ぐとされている。家族の幸せを、そのしなやかな強さでこれからも支えて欲しいと願う。

柊開花2015


にほんブログ村

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

物語の絵と庭園の美 秋の根津美術館

根津美術館
2015年11月18日
 休日に、青山の根津美術館を訪れた。物語の絵巻を展示する企画展。伊勢物語や源氏物語を始めとする王朝文学のみならず、平家物語やお伽草紙など、実に様々な日本の物語を楽しめた。鳥獣戯画展をみたときも感じたが、いかに日本人が昔から漫画やアニメに通じる絵物語を愛してきたのかと思った。また、和歌や物語を通じて、愛や大切な人の喪失、四季の移ろいに感じる人の心が、古来から普遍性を持っているということも、再認識した。
 丁度、名古屋の徳川美術館が所蔵する源氏物語絵巻「柏木三」の下書き線が修正されていたことが、数日前にニュースになった。→柏木三修正
源氏の正妻が産んだ不義密通の子の腕の位置が、絵師によって悩みながら修正され描かれたらしいという記事だ。自らも父天皇の妻である藤壺と密通し、子をなした源氏への因果応報を描いた傑作である。この国宝のように、絵には物語の神髄を描くために、様々な工夫がなされ、そして今日まで大切に残されてきた。展示会でも、源氏物語中のドラマティックな場面が描かれていて、男女の愛を巡る人の感情は、いつの時代も変わらず同じなのだなとしみじみ思った。
 伊勢物語中の大好きな歌を描く絵があった。

月やあらぬ春や昔の春ならぬわが身ひとつはもとの身にして 

(月はもう去年の月ではないというのか。春はもう去年の春とは違うというのか。確かに、あの方がいなくなって、あらゆるものは変わってしまったようだ。ただ、ただ私だけが変わらぬ思いを抱いて、昔のままの恋の身をながらえている)(馬場あき子「日本の恋の歌~貴公子達の恋~角川文芸出版より引用)
 先の源氏のような不義密通の境遇は、誰にでもあるわけではない。在原業平が詠むこちらのほうが、多くの人に共感できるものではないだろうか。馬場あき子さんも「いつの世も満足のいかない人生というものに遭遇したときの、人々の感慨にぴったりなのである」と評する、詠嘆性の強い歌である。この歌の情景を描く、静かな絵。良かった。
 根津美術館は、広大な土地に素敵な庭園もあり、秋の散策も堪能出来た。カフェのご飯も美味しくて、休日をのんびりゆっくりと、そして古来から普遍的な、人の心を描く素敵な絵物語にしみじみすることができた。
根津美術館庭園
たくさんの人が散策を楽しむ庭園
根津カフェ ハンバーグ
肉汁がたっぷり、美味しくて目にも美しいハンバーグ

 
にほんブログ村

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

スイスの山の恵み、アッペンツエラー

2015年11月16日
 スイスのハードチーズは、どれもコクがあって美味。牧草をゆっくりと食べ、じっくり熟成される山の恵み。特に、アッペンツエラーは、深いコクと旨み、スパイシーな雰囲気があって大好き。秋が深まり、赤ワインとコクのあるチーズを楽しみたくて、近くのデパートで購入した。
 スイスの北東にあるのどかな町、アッペンツエール。そこで作られる由緒正しいチーズ。西暦800年頃、シャルルマーニュ大帝の食卓に並んでいたと言われているそうだ(本間るみ子監修 「チーズの選び方楽しみ方」主婦の友社)。スパイス入りの林檎酒や白ワインに漬けるようにして作られるそうで、なるほど、コクと臭みと、そしてぴりっとしたスパイスの香りがするのだろう。スイスを旅すれば、どんなチーズ売り場にもアッペンツエラーはおいてある。この州の紋章であるクマが描かれていて、思わず目をとめてしまうからよくわかるのだ。ラベルの色は、銀、金、黒の順番で熟成が増すとのこと。
 東京都内のチーズ売り場なら、そんなラベルも巻いてあるままカットしてもらって購入できるが、茨城県の小さなデパートでは紙ははがされ、真空パックで売られていた。残念。友人を招いてワインパーティをする予定なので、夫に頼んで都内のチーズ屋で、ラベル付きで買ってもらおうかな。ワイン・旅好きの友人と語り合うには、ラベルのエピソードも良い話題になりそうだから。     

アッペンツエル

テーマ : 美味しいもの
ジャンル : グルメ

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR