魅惑のマンゴ-

2014年7月25日
 激務が続いた。身体はクタクタ、精神的にも疲弊した。すさんだ気持ちに今週、潤いをもたらしてくれたのはマンゴー。叔母が毎年宮古島から贈ってくれる絶品のアップルマンゴーだ。初めて贈られた時までトロピカルフルーツにはさほど興味を持っていなかった。美味しいマンゴーに出会ったことがなかったせいだ。ところが叔母のくれたマンゴーは甘みも強いし柔らかでまろやかな食感がなんとも魅惑的だった。それ以来、好きなフルーツベスト3内に昇格である。
 聞くところによると「世界三大美果」だとか。(田中修 フルーツひとつばなし 美味しい果実達の秘密 講談社現代新書 2013)他の二つの美果はわからないが、確かに王者といって良い美味しさだと思う。他の果物だって美味しいし大好きだが、マンゴーの良さは、その甘みの強さと黄色の鮮やかさが太陽の恵みを思わせることにある。幾ばくかの酸味を持つ他のフルーツに比べて、天真爛漫な陽気さを持っている。食べると気持ちがウキウキしてしまう。ウルシ科なのでかぶれる人もいるそうだが、ビタミンやカリウムも豊富で美肌によさそうだ。もっとも糖分も豊富そうだから太りやすそうで注意しなければならない。
 タイに行く機会の多い夫は、宮古島産のマンゴーはより甘くて芳しいと感じるそうだ。どのフルーツもそうだが、確かに日本では日本人好みに甘さたっぷりに作られることが多い。タイのマンゴーはもう少しさっぱりとさわやかな酸味を感じることがあるそう。太陽のエネルギーを吸収し、丹念に栽培された甘みたっぷりのマンゴー。疲れた心身をリフレッシュし、高揚させてくれた。

マンゴー

テーマ : 果物・フルーツ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR