夏の薔薇たち

2014年7月30日
 暑い毎日が続く。そんななかで薔薇がちらほらと咲いている。健気に美しく、品良く咲いているが、やはり暑いなかでは辛そうにも見える。こんな暑さの中で咲いてくれて、ただただ感謝だ。
 実は数種類ある薔薇の全てがかなり黒星病にやられた。可及的に無農薬を目指す私は「黒星病は放っておきます」という真島康雄さん(バラ界のファーブル先生 Dr真島康雄のバラの診察室 ビズ出版 2008)の言葉をまねして、昨年、そしてこの梅雨に発生した黒星病を放っておいた。そうしたところピエールドロンサールなどは葉っぱがほとんど落ちてしまった。焦って黒星病の薬をまいて、今ようやく葉っぱが回復してきたところである。真島氏は「バラは自分から葉の撥水性を低下させて、黒星病で葉が落ちることを期待している」という仮説を立てている。放っておいても1,2ヶ月すると新しい葉が出てくると。試してみたい気もするが、やはり葉っぱが丸坊主のバラは美しくないし、光合成で栄養を蓄えられなければ心配である。
 葉っぱが落ちた時でもちらほらと花は咲いていたから、放っておいても大丈夫かもしれない。けれどやはり緑の葉っぱがあってこそバラの花ははつらつとして美しいと思う。上手に薬剤を使いながら、本来の生命力を生かせるよう育てていきたい。

夏のナエマ
夏のピエール



にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

テーマ : バラが好き!
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR