金曜日のパスタ 6 つぶつぶ椎茸のスパゲッティ

2014年8月3日
 椎茸の季節というわけではないが、年中お安く手に入る椎茸を使い、ワインによくあうスパゲッティを作る。切り方をみじん切りにするだけで、いつもと異なる味わいが楽しめる。
 椎茸たっぷり(二人分なら中6個以上)をみじん切りにする。フードプロセッサーを使う手もあるが、私は(時間にゆとりがあれば)みじん切りの作業が好きなのでひたすらまな板の上で細かく刻んでいく。オリーブオイルににんにくみじん切りを入れて加熱し(我が家では通常夫がにんにく嫌いなので省くが、一人飯の時にはたっぷり入れる)、刻んだ椎茸もよく炒める。塩胡椒しておく。ミニトマトは2,3個にカットして塩・オリーブオイルを振りかけ、オーブントースターで10分ほどグリルしておく。スパゲッティは表示よりマイナス2分まで茹でて、椎茸を炒めたフライパンに入れる。ゆで汁少量、トマトも加え、汁気が程よく減るまで良く炒め和える。お皿に盛り、パルメザンチーズとパセリを振ってできあがり。
 このレシピは料理研究家の有元葉子さんの「ワイン好きの食卓」(フジテレビジョン 扶桑社 2000年)の「キノコのパスタ」を簡単にアレンジしたもの。イタリアに家を持つ有元さんが、近くのホテルで食べた「トリュフのパスタ」を再現したくて考えたレシピだそう。有元さんのレシピではシメジも加え、トマトはドライトマトのオリーブオイル漬けを用いている。トリュフは魅力的だが、日本人の食卓には芳し過ぎるし高価。その点椎茸ならなじみの香りでかつお安い。細かく刻んでオリーブオイルで炒めると、煮物や網焼きとは全く異なる味わいとなる。
 前述の料理本ではイタリアの「チロ」「ヴェルメンティーノ・ディ・ガッルーラ」というワインをマリアージュさせているが、しっかりした白ワインや軽い赤ワインならなんでも合うと思う。椎茸+オリーブはワインと絶妙な組み合わせである。

キノコとグリルプチトマトのパスタ
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR