南仏の暑さ対策-ふんわり霧状の水-

2014年8月5日
 連日30度を超える猛暑が続く。日本の夏は湿度も高いから,不快である。その点南仏の暑さは湿度が日本ほど高くなく、からりとしているからまだ過ごしやすい。それでもやはり、南仏の照りつける太陽には肌が焼け付くような痛みを感じることがある。
 南仏の街を旅してこれはいいと思ったのは、霧状に水を噴霧するシステムだ。高い建物の上方から霧のような水を振りまくのである。日本の打ち水と原理は同じで、気化熱の作用で気温が下がるのだろう。それに頭上に冷たい霧の水が振ってくるとひんやりしてさわやかなものである。暑くて乾燥しているし、なにしろ霧状の水がふんわりと降ってくるので、水浸しとなることはまずない。マルセイユの駅、ニースのレストランなどでそんな水を噴霧する雨どいのような管をみたことがある。写真は2010年に撮影したニースの中庭にあるレストラン。ブーゲンビレアの咲くパーゴラの上に管が設置されていて、霧状の水が乾いた熱い空気を潤していた。
 今日、2020年の東京オリンピックに向けて政府がヒートアイランド現象の対策を講じるというニュースを知った。(http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140805/k10013564201000.html ) 対策案には「ミスト噴射」もあるようだ。南仏のような優雅な雰囲気で楽しむことができて、気温も下がるならば大歓迎だ。だけど「ミスト噴射」という名前だけはもう少しセンスの良いものにならないものだろうか・・。
 

ニース噴水器2

テーマ : フランス旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR