銀緑色のリース

2014年11月5日
 庭の剪定枝を利用したリースを作った。なかなか雰囲気の良い仕上がりになった。シルバーがかった緑色と鮮やかな赤い木の実が、木製のドアによく似合うと思う。我が家の庭で育った植物でできたという事実も、大いに気に入っている。 
 緑の葉っぱは、コニファーの一種、アリゾナイトスギのブルーアイスという品種。数年前地植えしたら、ぐんぐん育った。本当は春先に剪定するのがよいのだろうが、あまりの伸び様に我慢できなくなった。剪定枝はできるだけ庭の土に返す主義なのだが、コニファーのたぐいはなかなか土に還らない。何ヶ月もの間、緑が美しいままだ。この緑の持ちの良さを逆手にとり、リースの土台にしたら良かろうと思い立った。緑だけでは寂しいので、たわわになっているピラカンサの赤い実を添えた。棘を始末するのは面倒だったが、なにしろたっぷりの赤い実は魅力的。頑張ってくくりつけた。園芸・誘引用のビニールタイでつけただけだから、たいそう簡単だった。
 何度見ても、銀緑色というのが素敵な色合い。ちょっぴり雪をかぶった針葉樹のようである。寒さが厳しくなってきて、冬の到来が心配だが、それでもクリスマスに向けた準備をしていくのは心浮き立つことでもある。

手作りリース

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR