春限定 朝食の苺

2014年4月3日
 早春からスーパーに出回っていた苺もそろそろ時季が終わろうとしている。苺が大好きな私はちょっと哀しい。毎日の朝食にはフルーツを食べることにしている。可能なら色の異なる2種のフルーツがいい。そして一つはプレーンヨーグルトと組み合わせる。春には大好きな苺をヨーグルトと一緒にいただく。朝から幸せを感じる瞬間だ。
 ヨーグルトと組み合わせるには酸味が少なく甘みの強い、やや柔らかめの「あまおう」という品種が好きだ。しかしあまおうは高価で出回る期間も短い。遠い福岡でしか作られない品種だからだろう。あまい、まるい、おおきい、うまい、の頭文字をとってあまおう。2005年に品種登録された新しい品種である(田中修 フルーツひとつばなし 講談社現代新書)。夫が福岡市の出身である私は、美味もさることながら福岡から茨城にはるばるやってきたことに親近感を持っていただく。
 もう「あまおう」は近所のスーパーには置かれなくなった。実は茨城は苺の有数な生産県でもある。今は茨城で作られた「とちおとめ」で早春の名残を惜しんでいる。

苺とヨーグルト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR