ワイン好きのお総菜18 白子のポワレ

2014年11月25日
 魚市場で購入した白子で簡単なポワレを作った。コクのある白子とムニエル状の微かなこんがりが、ぐいぐいとワインを誘った。まさにワインに合う一品。
 白子はゴルフボール程度の大きさに手でカットしておく。軽く小麦粉をまぶし、フライパンに多めのオリーブオイルを入れ、焼き目をつけるように焼く。火が通ったらお皿に盛りつけ、塩胡椒、パセリのみじん切りをかけてできあがり。簡単だ。
 レモンを搾っても良いかもしれない。だが、ちょっとしっかりと酸味のある白ワインでいただいた方が、白子のコクを引き立てるような気がする。鎌倉で購入した備前焼の平皿に、白子の色もよく映えて、いかにも酒飲みの一品となった。
 ワインは日本のルミエール製、甲州シュールリー(過去の関連記事→甲州シュールリー )を合わせたが、このオリーブオイルの香りが生きた一品にはイタリアの辛口白ワインの方が似合うだろうと思った。ガヴィとか。牡蠣に合うようなフランス白ワインも良さそう。ああ、シャブリもいいな。また作って、いろんな白ワインを試したくなった。全く罪作りな白子だ。

白子のポワレ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR