筑波山周辺寺社巡り

2015年1月11日
 最近夫が寺社巡りに積極的だ。私の趣味につきあううちに、楽しさに目覚めたらしい。ひそかにネットで御朱印検索もしているようだ。休日には「どこか御朱印行かないの?」と、入手した情報をもとに、自ら複数の候補を示してくるようになった。かくてこの三連休、自宅から気軽に行ける筑波山周辺の寺社巡りをすることになった。
 なんといっても一番大きいのは筑波山神社だが、昨年も正月にお参りしたし、スタンプラリー感覚の夫は別のところに行きたいという。板東三十三カ所にもある大御堂を目指すことにした。地図では筑波山神社のすぐ隣に位置していた。ところがあまりに近すぎて道に迷ってしまい、結局筑波山神社に入ってしまった。私は筑波山神社にも行きたかったので、きちんとお参りして、古いお札を納めた。
筑波山神社2015
 神社周辺からは、つくばを始め、遠くスカイツリーや富士山も見える。雄大な眺めだった。
 さて、もう一度駐車場から大御堂を探すと、すぐ近くにあった。
大御堂
納経所には「重度のたばこアレルギーです。喫煙者は入らないで」と注意書きがある。私だけ中に入って、御朱印をいただいた。お経を唱えて書いてくださる。これまでいくつか板東三十三カ所を巡っているが、御朱印を書いた後にお経を唱えてくださることが多いように感じる。自分一人の命ではないような気がして、なんともありがたい。

 次いで、かねてから行きたかった蚕影神社を目指した。あらかじめネットで地図を検索した夫が、細く険しい道をくねくねと運転しながら目指していく。しかしなかなかたどり着かない。しばらく迷うとなにやら高床式倉庫のような遺跡にたどり着いた。
平沢官衙遺跡

平沢官衙遺跡(ひらさわかんがいせき)というらしい。奈良時代にあった常陸国筑波郡のお役所とのことだった。このような遺跡があることを初めて知った。道に迷う楽しさというものである。このあたりからも筑波山はよく見える。古来から筑波山を崇拝し、その麓に街を築いたのだろうかと、遠い奈良時代に思いを馳せることができた。
 ここにいた方たちに道を確認し、蚕影神社に向かった。
蚕影神社
 長い長い石段を登ったところに、小さなその神社はあった。古来、茨城は養蚕の盛んなところであった。県内には三大紬である結城紬の里もある。絹織物は大切な産業だったから、蚕は大事にされたのだ。このつくばの蚕影神社は、全国にある蚕影神社の総本山ということである。ごくごく小さな古い神社だったが、神社から遠く筑波周辺の里を見下ろすような形で垣間見ることが出来、この地の持つ人智を超えたエネルギーを感じることができた。古い建物はところどころ壊れていたが、それゆえに内部から繭が飛び出しているのが見えた。埃にまみれてはいたが、あきらかに蚕の繭。こうやって祀られていたのだろう。
蚕影神社の繭
 山に登るといつも、山のパワーを感じる。山そのものが生きている、そう感じるのだ。そして眼下にみえる里や遠くの山々にもまた息吹を感じる。八百万の神を信じたご先祖様たちも、山や自然それぞれに大きな力を感じ、崇拝したのだろう。いわゆるパワースポットに実際に足を運ぶことで感じる、抗いきれない力。たった数時間のドライブ巡礼だったが、祈りを捧げたくなるような力を、確かに感じることができた。攻略型寺社巡りの夫も、ちょっぴりだけそんな力を感じたようだった。

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR