ほくっとした食感のチーズ クラックビトウー

2015年1月31日
 山羊乳のチーズ、シェーブルの美味しい季節はいつか?山羊の乳がでる季節は限られており、初夏に緑の牧草をふんだんに食べた乳から作られるシェーブルには、微かにハーブのような青草の香りを感じることができ、旬の味を楽しむことができる。
 だが、冬に食べるシェーブルだってなかなか美味しい。さすがに青草の香りを感じることはないが、代わりに熟成したほくっとした食感や、ナッツのような風味を感じることができる。先日初めて購入したシェーブル、クラックビトウーにもそんな食感を感じた。外皮に近いクリーム色の組織が堅く締まって、ここにホクホクした食感が生まれる。真ん中の白い部分からは酸味が消え、軽いコクがある。店員さんからは外皮のカビは取り除いてもいいと言われたが、ここもまた美味しくいただけた。大体、このチーズ1本100グラム程度で約1800円もしたのに、外皮を食べないなどもったいない。そんな気持ちもあり、まるまる一本、綺麗に食べ終えた。最近食べたシェーブルの中で、ダントツ一位の美味しさだった。軽いブルゴーニュのピノノアールと合わせていただいた。
 フランスのブルゴーニュ地方で作られるチーズらしい。手持ちの「チーズ図鑑」(文藝春秋社編 1993)には紹介されていないから、ちょっぴりマイナーなチーズかもしれない。ショップでもらった情報誌(Le Journal du Fromage vol 12 株式会社久田 2013)には、チーズ会社社長さんがクラックビトウーを訪れる旅が紹介されていた。小さなチーズ工房を訪ねる旅なんて、楽しそう。ブルゴーニュには2回、訪れたことがある。2回ともワイナリー巡りだったけど、今度行くときにはチーズ工房巡りもいいかなと思いを馳せた。

ブルゴーニュのシェーブル、クラックビトウ

テーマ : フレンチ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR