ななつ星の濃厚チーズケーキ


2015年2月19日
急用ができて大分にやって来た。大分駅は今、リニューアル中で、移動中の短い時間でも、構内の店を眺めるのは楽しい。
湯布院にある有名な宿、無量塔が県内に展開する洋菓子店に、美味しそうなレアチーズケーキを発見した。小さいながらもいかにもリッチな感じ、土台の生地も黒っぽくて旨味がありそう。美味しそう・・と眺めていたら「ななつ星で出しているチーズケーキ」というコメントがある。言わずもがな、ななつ星とは九州を走る豪華寝台列車のこと。そこで提供されているのかと、ますます心惹かれた。10×4センチほどの小さなカットながら、値段が570円と高めである。ホールだと6600円もするようだ。つい店員さんに「値段もななつ星級ね~」と言ってしまった。とは言えせっかくの機会なので、家族分の四切れ買ってみた。
義妹と一緒に頂いた。やはり濃厚なチーズで美味しい、すごいコク~、と二人で連発した。チーズは二層になっている。上の数ミリ厚さには爽やかなサワークリーム味、下の二センチ厚さには紅茶のアールグレイ味になっている。紅茶と濃厚クリームチーズの風味が爽やかに引き締められている。私は最初ヨーグルト風味かと思ったほど、サワークリームは軽やかで爽やかな風味だった。そして土台のグラハムクラッカーを砕いた生地も紅茶の風味が生きていた。紅茶葉を砕いてそのまま生地に入れているとのことだ。豊かなコクと紅茶が絶妙なハーモニーを奏でていた。
いつかはななつ星で博多から湯布院まで豪華に旅したいものだ。今はまだ叶わない夢ながらも、今日は小さなチーズケーキでその夢の一端を感じることができた。

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR