尾形光琳の梅

2015念2月27日
 熱海のMOA美術館で行っている、尾形光琳の素晴らしい絵画展をみた。紅白梅図屏風と燕子花花図屏風という光琳の代表的な二つの屏風絵を、見合わせるように展示するという贅沢な企画展。特に紅白梅図屏風は2年前にこのMOA美術館でみて、その構図のすばらしさや梅の凜としたたたずまいに感動したものだった。中央に大胆に描かれる流水の意匠も迫力がありながら、なんともおしゃれな印象。なんどみても、いい絵だなとまた感動した。
 MOA美術館には、素敵な茶室や光琳の再建屋敷もあり、ゆっくりと散策も楽しめる。2年前に訪れた時に、この庭にやはり紅白それぞれの梅の古木を発見した。どちらかといえば紅梅が好きな私だったが、この庭には八重、花の中心が美しい黄緑色の白梅があり、その美しさに感動したことを思い出す。
 光琳の紅白梅図屏風をみたあとに、この庭の梅を鑑賞したい、そう思っていたのだが、訪れた日は茶会を催していて関係者以外立ち入ることが出来なかった。残念でならなかった。また来年の梅の季節に訪れるしかないのかと、後ろ髪引かれるような思いで立ち去った。

MOA美術館2光琳

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR