バンコク旅行記③ ショッピングセンター ターミナル21で世界旅行!

ターミナル21昼

2015年5月6日
 バンコクでは大型ショッピングモールでの買い物が楽しいらしい。そう聞いて、さっそくホテル前にあるターミナル21に出かけた。BTS(Bangkok mass Transit System=バンコクを走るモノレール)アソーク駅と地下鉄スクンビット駅に直結するショッピングモールで、建物自体は空港をイメージしている。各フロアには東京、ロンドン、イスタンブールなどの都市名が付けられ、楽しいデコレーションが凝らしてある。なんといってもトイレが面白い。都市毎の個性的な内装が施され、各階のトイレ巡りだけではしゃぎ回ることができた。以下、各フロア毎の主にトイレのご紹介。
 1階は東京。ショップ毎に「高田馬場」とか東京の地名が書かれていたり、通路に鳥居があったりして、楽しい。
21東京鳥居

トイレに向かうと、素敵な松の木がお出迎え。なかなか情緒があります。
21トイレ松の木

そしてなぜか百人一首の一首が・・・
21トイレ百人一首

高砂の尾の上の桜咲きにけり外山の霞たたずもあらなむ 後拾遺集春上120

桜の字がつくりの一部だけになっているのはご愛敬。
 
 さて、エスカレーターで2階にあがると、ロンドンに到着。
21ロンドン案内図

 トイレを探すと、地下鉄マークでご案内。ロンドンは1回しか行ったことがないが、街中で何度も見た、懐かしいマーク。
21トイレ案内ロンドン

 トイレへの通路は、電車模様。
21ロンドン地下鉄電車
 トイレのドアは、楽しい地下鉄路線図。ロンドンでこれとおんなじ模様の紅茶缶を買って、現在も愛用中。ちょっと複雑な気分だが、嬉しく楽しい思いが勝る。
21トイレロンドン地下鉄

 3階はイスタンブール。エキゾチックな雰囲気でフロアが統一されている。
 トイレの照明。
21イスタンブール照明
 トイレの鏡。
21イスタンブール鏡
 トイレの手洗い。
21イスタンブール洗面
 トイレ個室。銀色にキラキラしている。
21イスタンブールトイレ

4,5階はサンフランシスコをイメージしている。

21シスコエスカレータ

吹き抜けには大きな赤い橋が飾られている。ゴールデンゲートブリッジかな。アメリカは行ったことはないが、この橋がでてくるヒッチコックの映画「めまい VERTIGO」が大好き。
21シスコ赤い橋
 
 下ってM階はパリをイメージ。トイレへの矢印が、シャルルドゴール空港を思い出させる。
21パリ トイレの→
 トイレ手洗い場所。素っ気ないほどだが、CDG空港のトイレそっくりである。荷物に付けられるバーコードのタグも飾られて、バンコクからパリに行けるような、楽しい気分になる。
21パリ CDGまんま

 更に下るとG階。ローマをイメージしている。トイレ入り口には真実の口が。
21ローマ 真実の口
 
  最下層のL階はカリビアン。デパ地下が楽しい雰囲気になる。
21カリビアン看板
 トイレのドアはカリブの海図。海賊気分に浸れる。
21カリビアントイレドア

 最上階はハリウッドをイメージしているそうだが、疲れたせいもあり制覇し忘れた。残念。
 ちなみに、ターミナル21のトイレはウオシュレット完備で快適である。
トイレウオシュレット

 ほとんど観光のような気分でターミナル21を巡り歩いたが、3階にあるアクセサリーショップ「アクアマリン」では素敵な半貴石のネックレスを購入。店員さんも親切で、そして激安。じっくり選んでいたら、店の備品を壊してしまった・・・ごめんなさい。だが笑顔で許してくれた。思わず3点購入。でも安くてかわいいので後悔はない。値切っていないのに、値引きさえしてくれた。そろいのブレスレットを入れた3点で約2000バーツ。元値からすると、ブレスレットはほとんどおまけ分になった。かわいい袋に入れてくれる。
アクアマリン購入


 この後歩いて隣駅、プロームポン駅前のショッピングセンター、エンポリウムにも出かけた。ちょっと高級感のあるエンポリより、ターミナル21の方が私には楽しかった。歩き疲れて途中で転んでしまったので、エンポリで買ったのは消毒薬という残念な思い出もマイナス点。ただ、食料品売り場は綺麗で大きくて楽しい。ちなみにエンポリのトイレはウオシュレットではない。暑いし一駅分も歩くと大変。BTSで移動がおすすめである。下はチケット。
BTSチケット


 毎日のようにホテル前のターミナル21には出かけた。地階のスーパーでばらまき土産のお菓子などを買うのもおすすめである。夜も22時まで開いている便利なショッピングセンター。昼とはちょっと異なるシックな雰囲気。
ターミナル21夜


 
 

テーマ : タイ旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR