チューリップ ホーランドチック

2014年4月16日
 庭のチューリップが次々と咲く。時期が少しずつずれるように、早咲き・普通咲き・遅咲きの種類を植えている。今はホーランドチックという品種が美しく咲いている。薄紅色に濃いピンクが混ざり合い、美しい。5球ずつ、50センチほど離れた場所に同じ日に植えたが、微妙に開花がずれているようだ。もう少し南側に植えた5球は2、3日開花が遅れている。リラやユキヤナギの日陰になっているからだろう。
 朝から一日庭を眺めると、チューリップの花びらが開閉していく姿が確認できる。朝、まだ寒いときにはしずく状に閉じている。だんだん日が昇り暖かくなるとぱあっと開いていく。写真は正午の姿。いわゆるユリ咲きのチューリップである。昨年初めて買った品種だ。ネットで検索すると多くのガーデナーにも愛されている品種のようだ。開花から日が経つと少しずつ花色が変化するらしい。優しく可愛らしい色は春らしくて本当に心が和む。
 チューリップを眺めつつ庭の作業を行い、幸せを感じる一日だった。


/ホーランドチック2014

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR