ココナッツを楽しむ

2015年6月9日
 先日、スーパーで丸ごとココナッツ(表面の繊維質は取り除かれている)を売っていた。ちょうど夫の友人を招いたタイ料理パーティの買い物だった。迷わず購入し、当日のイベントとして食後にココナッツジュースを楽しむこととした。大変な作業だった。
 
 仕事ではメスも握る友人が挑戦。まずは頭頂部に包丁目をいれようとしてみた。全然刃が立たない・・・これは大変そう・・
ココナツ1

 夫が横切りに挑戦。これまた撃沈。ココナツの内側の殻は本当に固い。バンコクの屋台で売っていた丸ごとココナッツは、現地の人が鉈でかんかんと簡単に割っていたが・・・
ココナツ2

 男性二人で、しばらくすったもんだして、ようやく一部がカットできた。
ココナツ3

三角形にようやく穴を空けることが出来た。内側の白い層が、いわゆるココナッツミルクの原料。なめてみたが、あまり味がしない。まだ未熟のようだった。
ココナツ4

中のジュースをコップに取り出してみた。甘みが薄く、ちょっと塩味。スポーツドリンクのような味。あまり美味しく感じなかった。美容にいいと、ハリウットセレブに人気らしいが・・・バンコクで飲んだジュースはもう少し甘みがあったように思う。大変な作業の割に、得るものはあまりなかった・・・でもまあ、珍しいイベントにはなったかな。男性二人、酔っ払ったあとの作業でちょっと大変そうだった。
ココナツ5
 
 市販のココナッツミルク缶で作った、チキンとナスのグリーンカレー。美味しくできて、友人に大好評。ミルクの油分が少し分離する程度に煮込むのが、美味しさのコツだそう。何度か作って、ようやく美味しく作れるようになってきた。次は唐辛子をすりつぶしてペーストから作るのが目標である。
グリーンカレー
 
そして最近はまっている、ドライココナッツ。バンコクのホテルで、バーのつまみとしてでて以来、夢中になってしまった。輸入食品店で売っていたので、思わず箱買いした。白い胚乳を乾燥させた、パリッとしたスナック。微かに甘く、食べ始めるととまらなくなる美味しさ。
ドライココナツ

ヤシ科ココナツ属。世界では最もポピュラーな食材の一つ、と手持ちの古い野菜料理の本に紹介されている。最近ではココナッツオイルが美容に良いと流行したり、タイ料理の材料として簡単にミルクが手に入るようになった。それでも、さすがに丸ごとココナッツは珍しい。手持ちのその本には、とんがりを下に、くぼみを上にして、てっぺんから1/3あたりを回しながら包丁の背で叩くとひびが入り、そこからこじ開けるとマジックのように簡単に割れて自慢できるはず、とある(nonnno 野菜基本大百科1997集英社)。やはりコツがあったのか・・・。それなら、ともう一度試したくなる。また今度、スーパーで入手したら、挑戦してみよう。

関連記事
バンコク旅行記 魅惑の南国フルーツ

テーマ : タイ料理
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR