さらさらさらりとしたワイン ミュスカデ・シュール・リー

2015年6月18日
 梅雨である。じめじめした日には、さらり軽やかな白ワインが美味しい。ミュスカデ・セーブル・エ・メーヌ・シュール・リーは、あくまでもさらさらとレモン水のような軽やかなワインだ。あまりに軽やかなので、ついついいただいてしまう。さっぱり、軽やか、でも酸味とミネラルはちゃあんと存在。やはり、その個性もさらりと流れるような味わいである。
 フランス、ロワール地方の辛口白ワイン。シュール・リーは澱の上、という意味。通常はアルコール発酵の際に引く澱を、しばらく残して発酵させ、風味を付けるという製法。だが少なくとも、私はそんなに複雑な味わいをこのミュスカデで感じたことはない。あくまでもさらさらさらりと軽やかでクセのない味わい。砂漠の砂が水をすうっと吸い込むごとく、たっぷりと身体に入っていく、そんなワインだ。たっぷり飲んでも、絶対に二日酔いはしないだろう。軽やかさが何より魅力の白ワインである。
 よく見ると、古い葡萄の木から手摘みで収穫した葡萄で作られたようだ。ラベルもそんな丁寧なつくりを示すがごとく、上品だ。ラタトウイユと一緒にいただいたが、野菜の旨みたっぷりのお総菜よりは、からりとした白身魚の天ぷらや刺身に合いそう。また今度、メニューを変えてたっぷりといただこう。

ミュスカデ

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR