メロンの香る幸せ

2015年6月22日
 花形フルーツがたけなわの時季である。今日は朝食に茨城産のメロンと大粒ブルーベリー、昼食に山形のさくらんぼをいただいて、心の底から幸せを感じた。果物に含まれる果糖が太るもとなんて、そんなことは気にせず、その甘みをまさに甘受したい。
 この週末は、行きつけのJA直売所で「メロン・スイカ祭り」を開催していた。茨城はメロン生産量日本一を誇る。2012年のメロン出荷量は、約4万トン。北海道の約3万トンを遙かに超える。→メロンの年間収穫量、代表的な品種など 数日前の新聞県内版には、メロン泥棒の記事が掲載されていて、茨城ならではの恒例事件だと感じた。夫がウキウキと、毎週山のように赤肉メロンを購入している。テーブルで追熟を待つメロンが、今は7個もある。ちなみに冷蔵庫でも2個冷えている。ちょっとしたメロン屋さんである。
 果糖で太る心配をしつつ、ミレイユ・ジュリアーノ著羽田詩津子訳「フランス女性は太らない 好きなものを食べ、人生を楽しむ秘訣」(日本経済新聞社 2005)を読む。延々6ページにわたり、「様々なフルーツを楽しむ」悦びが語られる。「市場(マルシェ)を生活に取り入れる」ことで、質の良い食材を選ぶ賢明さも語られる。市場で買ったメロンが、うっとりするような香りを放ち、著者夫婦を喜ばせる場面が楽しい。数あるフルーツのなかで、ラフランスを除き、およそ「うっとり」するような香りのものがあるだろうか。私も今日、帰宅した夕方にこのうっとりした香りを感じて、思わず歓声を上げてしまった。こうした悦びの積み重ねで、人生が大いに楽しいものとなるのだね。

メロン 爆買い

メロン大国 茨城

テーマ : くだもの大好き♪
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR