ワイン好きのお総菜29 チキンのソテー レモンとカレーの香り

2015年6月24日
 チキンソテーにはいろんなバリエーションの可能性があると思う。トマト味、醤油味、塩味、中華風、タイ風・・・割と淡泊な肉の味わいが、様々な個性の味付けを許容してくれるから。最近凝っているのが、レモン風味にマリネしたチキン。敬愛する料理研究家、上野万梨子さんのレシピ(天然生活126 2015年7月号 「飽きることのないシンプルな作り方のくり返し料理」の特集号)をアレンジ。カレー粉で軽くスパイシーさを加え、バターやオリーブを省いたのが私流。
 鶏モモ肉は、1/2枚位に切り、厚みのある部分には切れ目を入れておく。オリーブオイル、日本酒、少しのカレー粉、レモンの輪切りで一晩マリネしておく。フッ素加工のフライパンで強火でさっと焼き目を付ける。その後ごく弱火で皮目3分、肉側2分火を通し、火を止めてから2分程度余熱を入れる。焼くときに鶏皮からでるオイルで、しっとりとレモンも良く焼いておく。お皿に盛りつけて、塩胡椒。付け合わせは常備菜のラタトウイユ、干しキノコのソテー→干しきのこのオリーブオイルマリネ、そして庭のイタリアンパセリを大ぶりに切って散らした。コンポートのようなレモンも切って、チキンと食べるのが好き。
 地鶏ではなく、スーパーのお安い鶏肉で作ること、そして火を入れすぎないで焼くことがポイントで、しっとりとても柔らかく仕上がる。この焼き方にしてから、「どうしてこんなに柔らかいの?」とめっぽう夫の評判がよい。
 カジュアルメニューなので、ワインは余りこだわらず、手頃な値段のおうちワインで。白ならイタリアのガヴィ、軽い赤でも。梅雨なので泡モノで合わせてもさわやかである。

チキンのレモンソテー

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR