控えめに包み込む泡 クレマンドロワール

2015年7月11日
 友人が以前くれたワインをいただいた。可愛らしい絵のエチケットに、クレマンドロワールと書いてある。クレマンとはシャンパーニュ地方以外で作られたスパークリングワインの一種。今回いただいたのは、ロワール地方で作られたクレマンということ。
 細長いシャンパングラスに注ぐと、小さな泡が控えめに立ち上る。シュワシュワと力強い泡が好みの私には、優しすぎる泡立ちである。味も柔らかく優しい感じ。どちらかと言えば、コクやミネラルを感じるスパークリングを好むので、優し過ぎて控えめな味わいに感じられた。物足りないと言ったら嘘になる。それでも上品で美味しい。麻婆豆腐という強い個性の味に合わせたのだが、山椒や唐辛子の辛みを包み込み、たっぷりのお肉と豆致のコクに優しく調和した。エチケットには黒い夜空にシルバーグレイの月と星が、城のある丘を優しく見守るように瞬いている。
 4月以降、現場の最前線というよりは、コンサルタントのような形で現場スタッフをサポートする役割になった。成熟途中の現場スタッフは、なかなか力を発揮出来ないことが多く、いっそ自分が普通に動きたい、と願うことしばしばだった。ところがこのワインをいただいた夜は、導き、待った甲斐があって、スタッフが素敵な働きをしてくれた日だった。悩みながらも自主的に、これまでやったことのない私の勧めた活動を行い、その結果顧客の苦悩が和らいだのだ。そのことを毅然と嬉しそうに報告してくれた。まだまだ解決には道が遠い事案だ。それでもスタッフの成長を間近で見ることが出来て、嬉しいことに変わりはない。
 この日は、自ら力強く味わいを主張するものより、優しく控えめなワインが、心に染みいった。気分が盛り上がり、久しぶりに二人で一本、カラリと空けた。

クレマンドロワール

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR