新装伊東屋に落胆

2015年7月15日
 銀座の大手文房具店、伊東屋銀座本店が待ちに待った新装オープンを果たした。文房具好きにとって、伊東屋は最高の遊び場。新装開店を待ち望んでいた。おしゃれな鏡張りの入り口、日曜日だったせいもあり、たくさんの人。どんなに楽しくなったのかと、期待に胸を膨らませて訪れた。
 狭い店舗内には、大きなデスクの上に商品が展示され、ギャラリーのように見るのは楽しいものだった。素敵文房具でクリエイティブな生活を、という提案をしたいのだろう。だが商品数は明らかに減少していた。おまけにたくさんの人がごった返して歩くのも不自由な空間になっていた。支払い場もたくさんの人がごった返しているが、並ぶラインの表示もなく、フォーク並びもしにくい。このブログでは悪口を書かない、がモットーなのだが、あえてファンだからこそ言いたい、伊東屋銀座店は改装して失敗だったと。私だけがそう感じた訳ではない。狭い通路で、同じことを多くの人が語っていた。
 ファイル売り場を探した。だが以前あったような、たくらんの種類のファイル売り場はもうなかった。店員さんに「ファイル売り場はここだけですか?以前のようにたくさんあった方が良かったわ」と思わず愚痴を言ってしまった。すると「・・そうなんですよ・・・店員も残念に思っているんです・・・」と寂しげな笑みを浮かべて言っていた。伊東屋の店員さんは、いつ訪ねても商品知識が豊富な、文房具のプロフェッショナルばかり。何を聞いても即座にたくさんの商品や在庫から、欲しいものを持ってきてくれるテキパキさも大好きだった。店員さんも商品数が減って、誇りを持った仕事ぶりが発揮出来ないだろう。おしゃれ空間よりも、山のように積まれた日本一の品ぞろえ、その方が断然魅力的だ。
 ポイントカードにはたくさんポイントがたまっているし、これからは本店ではなく、横浜高島屋内の店舗にでも行こうか。あるいは横浜青葉台店、最近訪れた羽田国際ターミナル店。小さな店舗内にセンス良くたくさんの商品が陳列されているところ。そういったところで文房具を探し出すのが楽しいものだから。

伊東屋開店

テーマ : 文房具大好き!
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR