冷し中華発祥の店 仙台 龍亭

龍亭の看板

2015年7月19日
 冷し中華発祥の店である、仙台の中華料理屋、龍亭に出かけた。甘めの優しい味わいの冷し中華を頂く事ができた。
 日曜日の13時30分、店に到着すると、10組未満程度の行列が出来ていた。20分ほどで着席できた。まず四角いお皿にハムやくらげ、鶏肉、胡瓜など具材だけが乗って登場。のちにタレに浸った冷し中華麺とちょっぴりのレタスサラダがやってくる。タレは醤油か胡麻か選べるが、ここは発祥の味にこだわり醤油味を注文した。酸味は控え目で優しい味のタレだった。ダイエット中につき、麺は少し残そう、そう考えていたが、麺もまた優しい味わいで、タレや具が素直に絡みつき、美味しく完食してしまった。
 ワインビネガーや香辛料に慣れた舌には、優し過ぎる味わいでもあった。卓上の酢とラー油で好みの味にアレンジした。「あのメニューが生まれた店」(菊地武顕 平凡社 2013年) にもあるように、発祥の店のメニューは圧倒的な美味というよりも、毎日食べたい優しい味が多い。こちらの龍亭の冷し中華もそうなのだと思う。隣の席の旅人が歓声を上げていた豚バラ煮込み乗せ炒飯の方が、よほど珍しく、おいしそうに見える。また、私がデザートで頼んだ杏仁豆腐もフルフルとしてたっぷり、しかも安価で美味しかった。
 でもやはり、この店に来たら、冷やし中華を注文したい。長く愛され、世に広まるメニューは、素朴で優しい味が良いものだ。

龍亭冷やし中華


過去の発祥の店
ハヤシライス発祥の店 丸善カフェ
牛タン発祥の店 味 太助

テーマ : 美味しくて、オススメ!
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR