南アフリカのスパーリングワイン


2015年7月28日
楽しみにしていた夏のバカンスが到来。今年はオランダのアムステルダム、ベルギーのブリュッセルに出かける事にした。名画と美食がお目当てだ。
最近は羽田空港からの旅が続いたが、今回は久しぶりに成田からのフライトである。出発前にラウンジで乾杯をした。
スパーリングワインは南アフリカのものだった。ヨーロッパではない、いわゆるニューワールドと言われる国のワインでも、南アフリカは確か高品質で有名である。だが、スパーリングも作っているなんて、今回意外な発見だった。シャルドネ、ソービニヨンブラン、あと忘れたけどもう一種の白葡萄を組み合わせたスパーリングワイン。変わってる組み合わせで面白い。さわやかな辛口、ごく微かな草原と白いフルーツの香り。軽やかな味わいが、旅の気分を盛り上げる。遠い国からやってきたワインということが、旅情を更に刺激する。新たな旅にワクワクさせられるワインとなった。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR