オランダ旅日記②フェルメール憧憬

2015年7月30日
オランダの旅、最大の目的はフェルメールの絵画を味わう事。アムステルダムの国立美術館とマウリッツハウス美術館にウキウキと出かけた。
アムステルダム美術館では、レンブラントの巨大な夜警の次の間にフェルメールがある。
名誉の間 フェルメール前からレンブラントを覗く
名誉の間 フェルメール作品が並ぶ前からレンブラントの大作 夜警を臨む

以前来たことがある夫が、小さいよ、と言ってはいたが、フェルメール絵画のその小ささにびっくりしてしまう。それでも暗闇の中に佇む牛乳を注ぐ女性や、恋文を受け取る女性は、光に輝く美しさを持っていた。抜群の存在感だった。
牛乳を注ぐ女性


マウリッツハウス美術館の真珠の耳飾りの少女もまた、小さい絵ながら、輝く美しさを持っていた。その魅力はあまたの解説やスカーレットヨハンソンが演じた映画で語り尽くされているが、やはり珠玉の作品だった。

真珠の耳飾りの少女

 どうしても試したくて、訪問当日は、涙形の真珠の耳飾りと青いスカーフを身につけて訪れた。首元に巻いていたスカーフを頭に飾り、少女と同じ格好で、絵とともに写真撮影という突拍子もないことを企んでいた。だが、夫に制止されて諦めた。あまりにも有名過ぎる絵は、もはやじっくり味わうというよりも、アイドルのごとき崇高さを持っていた。だから真似た格好で一緒に写真撮影したかったのだが・・・
 はからずも、翌日訪れたデルフトのフェルメールセンターでは、全作品の模倣を展示していたので、そちらでひっそりと、少女を真似てともに撮影することができた。失笑する夫だが、私は大満足。美を堪能するのみならず、少々悪ふざけのイベントとなり、楽しい思い出づくりができた。

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR