ホテルのエグゼクティブフロア活用術

パンケーキ朝食
2015年8月12日
 旅のホテルはどう選ぶか。ひとそれぞれの価値観があると思う。私は、普段よりもちょっと優雅な気分になれるような、寝具、食事が楽しめるところが好きだ。今回の旅でも、ホテルステイをゆったり楽しむことが出来た。最も重要なのは、朝食やラウンジのサービスである。そこで最近気に入っているのは、エグゼクティブフロアの利用。少し割高だが、専用ラウンジにはたっぷりの軽食や飲物が用意されているし、エレベーターなども専用キーを使うので、セキュリティの面でも安心。
 ブリュッセルのホテルはヒルトン。駅前でどこに行くにも便利で、室内のしつらえも清潔で優美だった。朝食は全ての宿泊客が同じブッフェメニューだったが、たっぷりあり、いただくところだけは静かな専用ルーム。パンケーキもあって、フルーツを自分で切って、なかなか美味しそうに盛りつけられた。季節のフルーツを使った特別メニューもあり、朝食を本当に楽しめた。



デトックス水

 こちらのラウンジには、午後は飲物がたっぷりと用意されている。水やコーヒーはもちろん、ワイン、そしていまはやりというデトックスウオーターが。フルーツを水に浸すだけのもので、本やネットで知ったときには、「果物はそのまま食べるのが1番。水も普通の水が美味しい。」と決め込み、全くそそられなかった。だが、せっかくの機会なので、このデトックスウオーターを味見してみた。イチゴの香りがして、なかなかの美味。自分で作る気にこそなれないものの、こういった場でいただくには楽しい経験だった。瓶入りミネラルウォーターはちょっと拝借して、部屋に持ち込んでいただいた。



アムス ラウンジのデザート

 アムスのホテルはクラウンホテル系。こちらも駅近く、コロッケ自販機も近くという便の良さ。綺麗で快適で、非常に良かった。こちらのラウンジも、いつも軽食と飲物が豊富。ティータイムには、たくさんのデザートやフルーツがあったし、それ以外にも生ハム、サーモン、サンドイッチなどがあり、ここでランチや夕食を楽しむ人々もいた。
 ネットでエグゼクティブフロアを調べると、ドレスコードやマナーを気にする方も多いようだ。実際は、私も含めてラフな恰好の人も多いし、子連れの家族も多い。子どもが走り回るのはどうかと思うが、家族でゆっくり静かにホテルステイを楽しむには、安全にゆったり、そして美味しく過ごすことが出来て、上手に使えば割高分のもとはとれるのではないだろうか。朝早くから夜遅くまで出歩くのではなく、ゆっくり起きてのんびりホテルを味わう、というスタンスならば、エグゼクティブフロアはお勧めの選択だと思う。


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR