暑さに合う南仏ロゼワイン タヴェル

2015年8月18日
 しっかりめの赤ワインを好む夫が、珍しくロゼワインを買ってきた。「暑いからなんだかロゼが飲みたくなった」と言って。ワインクーラーで冷やしながら、ゆっくりといただいた。最初はなめらかさが強く、冷えが強まると共に、しっかりとした辛口の中に凝縮感が強まる。ロゼの中では濃い目のピンクで魅惑的。渋味もあって、なるほど、赤ワイン好きの人に好まれる辛口ロゼなのだと思った。美味しくて、瞬く間に一本、いただいてしまった。
 蒸し茄子とツナマヨのパスタに合わせたが、もう少しスパイスの効いた中華やエスニックに合わせても良かった。オレンジのサラダ、サーモンのグリルと、色合いは楽しめはしたものの、やっぱりベストマッチではない。優しい味よりは、スパイスが効いた料理や豚肉の方が合いそう。
 南仏、コートデュローヌで作られる、質の高いロゼワイン。アルル、ニーム、ポンデュガールなど、古代ローマ遺跡のある暑いところ。暑い季節に訪れて、やはりロゼワインを楽しんだ記憶がよみがえる。また、このタヴェルロゼは、学生時代にフレンチレストランでアルバイトしていた夫が、ワイン事始めの頃によく楽しんだワインでもある。様々な思い出も一緒に味わった。

タヴェルロゼ

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

最近は、オーストラリアかチリかアルゼンチンのワインしか飲んでいません。タヴェル!懐かしいですね。

Re: No title

コメントをありがとうございました。
凝縮感のある南半球ワインもよいものですが、蒸し暑い夏にはタヴェルロゼも良いものですよ。
久しぶりにいかがですか?ブルターニュの料理にも合うのでは?

> 最近は、オーストラリアかチリかアルゼンチンのワインしか飲んでいません。タヴェル!懐かしいですね。
プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR