浅草名所七福神 ③

本龍院

2015年9月22日
 浅草七福神のなかで、最も印象深い二つの寺社は、浅草から東北に向かい、隅田川にほど近い本龍院と今戸神社。全く異なる意味で、この二つが印象的だった。
 待乳山聖天(まつちやましょうてん)本龍院は、推古天皇の時代にわき出た霊山がもとであると言われている(待乳山聖天パンフレットより)ようなので、たいそう古い歴史を持つ。こんもりとした丘に本堂や稲荷尊、神楽殿などがあり、ちょっとした庭園まである。長い歴史の中で、人々から篤く親しまれた寺社のようだ。あの歌川広重もこの丘やお参りする信徒を浮世絵に描いているとのこと。また、特徴的なのは、大根で有名なお寺とのことで、境内には様々な大根がかざられている。大根は人の迷いの心を示し、お供えすることで洗い清められるという意味なのだそう。
本龍院の大根飾り
本堂正面の大根と巾着の飾り
本龍院のお供え大根
本堂内部では、たくさんの大根がお供えられ、複数人が熱心に読経を唱えていた。祈りの込められる、静かな良いお寺だった。
  
 本龍院から歩いて数分のところにあるのが、今戸神社。こちらは招き猫発祥の地と言われ、境内には様々な招き猫がかざられていた。
今戸神社

今戸神社招き猫

今戸神社招き猫2
 撫でると御利益があるという、石造りの招き猫。
今戸神社猫の飾り
 緑の蔦?の中にたくさんいる、猫の飾り。
今戸神社ダンスの映像
 おみくじ売り場には、ラッキイ池田とおぼしき人が踊る今戸神社踊りの映像が繰り返されていた。
今戸神社招き猫3
 その奥にある、多数の招き猫たち。

 縁結びの御利益もあるということで、お若いカップルや外国人もたくさんいた。御朱印をいただく方も、大変明るく元気な女性だった。本龍院でしんみりした気持ちになったあとに、やけに明るいお祭り気分になった。好みで言えば、本龍院を最後にしてしっとり終わらせると良かったかな・・・。
 本当はもう少し北上して、不動院、石浜神社とめぐれば浅草名所七福神、合計九カ所だった。しかし、ここまでで二万歩達成し、ふくらはぎが痛くなったので断念。また次回、今度はバスも利用すればもう少し楽に巡れるかも・・・楽して巡ってはあまり意味がないかもしれない札所巡りだが、楽しいイベントや寺社のもつ歴史や文化に思いを馳せる小旅行として、また再び挑戦したい。
 
 

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR