深呼吸するヘルシー金木犀

2015年10月5日
 もう散ってしまったが、今年も金木犀が開花した。咲き始めから、嵐で散るまでわずか1週間足らず。一年待ったにしては、あまりにもあっけない邂逅だった。
 昨年の開花のあと、夫と二人で丁寧に剪定した。樹木の剪定は本当に奥が深くて難しいと思うが、金木犀は萌芽力が旺盛だから、透かすようにして思い切りよく切った。すると春先から元気な枝がすくすくと伸びた。我が家の金木犀は、電信柱前に植えているので、こんもりと隠すように育って欲しい。だが、一昨年は混み合っていたせいか変な虫がたくさん発生して、細かな蜘蛛の巣みたいなのが出来ていた。どうも不健康な印象だった。風通しを良くしてあげよう、そう思って今年は透かした。これが良かったようで、密生しすぎることなくのびのび、健やかに生長し、電信柱もほどよく隠れた。こういってはなんだが、ご近所のどの金木犀よりも健康的な枝振り。放っておくと密生しすぎて、息苦しそうに見える。その点、我が家の金木犀は、たっぷりとした花付きながらも、枝には適度なスキマがあって、元気よく深呼吸しているようだ。
 今年はちょうど、夫が整形外科的治療のため、入院中に開花し、そして散ってしまった。毎日メールでは、金木犀の様子を確認してくる。私よりも、金木犀のご機嫌の方が大事なのかとあきれつつ、微笑ましく感じた。自分で手入れした庭木の心配をする夫は、すでに植物男子ベランダー(花が咲いたり枯れてしまったりすることに大げさなまでに一喜一憂し、世話に翻弄される滑稽な男 →植物男子 ベランダ-HP )のような園芸マニアの仲間入りである。

 過去の金木犀記事
金木犀の香り

金木犀2015


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR