へそ曲がりのシュウメイギク

2015年10月11日
 秋の開花を待ち望んでいた大好きな花、シュウメイギク。エレガントな雰囲気が持ち味、洋風でも和風の庭でもよく合う柔軟性も良い。春に芽が出てから、ずうっと開花を楽しみにしていた。
 ところが、なんとなくへそまがりな感じの開花である。すっきりとヒマワリのように開花していない。花びら(のようにみえる萼片)が、よれっとしている印象で、美しさに欠けている。なぜだろう・・・しめったところが好きだと園芸書に書いてあるから、夏の暑さと乾燥が良くなかったのだろうか。だが、他の方のブログなどを見ると、どの方も美しく咲かせている。あるいは株が混み合ってきたのだろうか?植え付けて何年かたち、葉っぱが生長しているときに、ちょっと気になった。来春は株分けしてもう少しのびのびと育てようか・・・。でも蕾の時からなんとなくよれっと弱々しい感じはあった。何かの病虫害だろうか・・・悩みは尽きない。
 飼い主?に似て、へそまがりに育ってしまったのだろうか。この事実をしっかりと振り返って、素直に生きなさいというお告げなのかもしれない。大好きなシュウメイギクと一緒に、この秋以降、私も頑張って挽回しなければ。

シュウメイギク

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

→シュウメイギクの過去記事
秋に似合うシュウメイギク

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR