ブルターニュの温かなガレット

2015年10月14日
 神楽坂お散歩、最大の目的地であるガレットの店、ル・ブルターニュ→Le bretagne HP でランチをいただいた。ガレットとはそば粉で作るクレープのことで、フランス北西部、大西洋ににゅっと突き出たブルターニュ地方の名物である。薄く丸く焼いた塩味ガレットに、ハムや卵など塩味に似合う食材を乗せて、四隅?を写真のように折りたたむのがお決まり。この日のランチメニューは、卵とベーコン・トマトのガレットに、デザートは小麦粉で作るクレープにアイスクリームとグレープフルーツを添えたものだった。それに、シードル。
 そば粉のガレットは、外がカリッと中はもちっと。美味しい~!大きいのですっかりお腹いっぱいになったが、デザートのクレープは、薄いものをカットしてややボリュームが少なめだったので、結局全てぺろりと平らげた。ああ、炭水化物が多すぎる・・・と後悔しながらも、美味しさに大満足だった。
 レストランの店員さんも皆、朗らかで気持ちがいい。食べ残したお客には、味やボリュームを確認したり、細かな言葉かけを一人一人のお客に丁寧にしていた。店内のインテリアも、ブルターニュの農家を思わせるような素朴で可愛らしいものばかり。心地よいランチタイムを過ごすことが出来た。
 いつか訪れたいケルト民族の名残がある地方。塩バターキャラメルや美味しい牡蠣、タラソテラピーと、私好みのものにあふれている。夫が大西洋側を好まないため、これまでに訪れる機会を逸し、そしてまだしばらくは行けないだろう。でも神楽坂で良い店を見つけたから、もうしばらくは我慢できそうかな。

ガレット ベーコンと卵


にほんブログ村

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR