山形の魅惑 ラフランス

2015年11月14日
 秋のフルーツの楽しみ、ラフランス。しゃりしゃりとした日本なしもいいが、どちらかと言えば、西洋なしが好きだ。なかでも、気品のある香り、クリーミーな舌触り、柔らかな甘みとちょっぴり爽やかな風味のラフランスが大好き。毎年、店頭に出回るのを待ちわびて、短い販売期間は必ず購入する。
 追熟させないと、その香りと甘みがでないというところが、なんだか思わせぶりな美女のようで心憎い。美女と例えたが、見た目はごつごつとしたシミだらけの黄緑色で、栽培地の山形では「みだくなす(見目悪いの方言)」とも言われたそう。故郷の隣県、山形には親戚も友人もいて、私にとってゆかりの深いところ。特に、高畠町は頻回に訪れる町で、ドライブすればたくさんのラフランス畑があり、心が躍る。
 先日スーパーで、今年初めてのラフランスを購入した。すると、留守番していた夫もラフランスのパックを差し出してきた。ご近所さんで、職場も一緒の山形出身、Oさんがこの時季プレゼントしてくれるのだ。。嬉しい~。先日、明太子を差し上げておいて良かった!更に今日は、東根市のものを追加購入した。友人の生まれ故郷なのだ。
 数日、待ちぼうけを食わされたが、最初の1個が昨日から良い香りを放ちだした。朝はヨーグルトに、昼はそのまま、夜は生ハムとともに、と、この時季ならではのラフランス尽くし。山形ののんびりした風景を思い出しながら味わった。良く熟したラフランスからは、たっぷりの香気とジュースが放たれた。

ラフランス2

テーマ : 美味しいもの
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR