広島の旅⑤ 牡蛎三昧

2015年12月11日
 牡蛎の産地といえば、宮城と広島。地元を愛する私は、宮城の牡蛎しか食べない。しかし広島に来たからには、やはり好物の牡蛎をたらふく食べたい。最近まで広島に住んでいたという友人に、牡蛎の美味しい店を予約してもらい、早速でかけた。牡蛎亭という、川沿いにあるおしゃれさんなレストランだ。
牡蛎亭
 メニューはまさに牡蛎尽くし。サラダには牡蛎風味のドレッシングが添えられ、生牡蠣も美味。ブルスケッタ、焼き牡蛎、牡蛎バターとバゲットなど、たっぷりの白ワインと共にいただいた。ワインが進んで進んで、楽しい夜。
牡蛎のサラダ
 自己研鑽のランチョンセミナーには、牡蛎が入ったお弁当。小ぶりながらふっくらした牡蛎が美味しかった。
 そして旅立ちの前、空港にて。牡蛎の店として有名なかなわが入っている。生牡蠣がたっぷりあるではないか。迷わず入って注文した。ぷりぷりとした磯の香り豊かな、さりとて嫌みのないさわやかでコクのある牡蛎達。やはり白ワインと共にいただいた。飛行機で旅立つ前、しばし広島の素敵な思い出に浸ることができた。
生牡蠣
 宮城の牡蛎ももちろん旨いが、これまで妙なライバル心が故にいただくことのなかった広島の美味なる牡蛎。今回、虜になった。幸せな旅だった。また行こう!

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR