まろやかな甲州ワイン アルガブランカピッパ

2015年12月29日
 さわやかできりりと日本食に合う甲州ワインが多いなか、まろやかで複雑な味わいのものに出会った。勝沼醸造が手がける、アルガブランカピッパ。エチケットもなにやら素敵な雰囲気。葡萄と樽が描かれているエチケットにふさわしい味わいだった。
 辛口だが柔らかい口当たり。微かな樽の香りが心地よい。一口目、甲州ワインの意外さに驚き、二口目、夫と二人、「これ、美味しいね!」と異口同音。柔らかながらも、芯がしっかりしている。香りや酸は少ないが、言葉にしがたい存在感。美味しかった。
 女性雑誌に、食べ物とのマリアージュを楽しむという企画で著名なソムリエが紹介していた。合わせていたのは、春菊と胡桃で作ったパスタジェノベーゼ。なるほど、菊の香りの香味野菜に負けない芯の強さを持っているだろう。私はブリを生姜醤油で下味をつけ、オリーブオイルでカリッとムニエルにして共にいただいた。春菊と胡桃はサラダにして。あらあら、私のマリアージュの方がいいんじゃないの?
 フレンチオークの樽で半年熟成し、その後瓶熟も経ているというこのワイン。きりり、すっきりとした甲州ワインとは一線を画した存在感だった。我が家の日常ワインとしては、4000円近くとかなり高価なワイン。それでもまた買いたい、と強く思った。日本ワインの可能性を感じる、素敵な出会いとなった。

アルガブランカピッパ

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR