香港美食旅② 美味たべはぐり再び

2016年1月12日
 香港の旅で楽しみにしていたもの、それは家庭ではなかなか作ることの出来ない美味な炒飯とフカヒレだ。前回の旅で行きはぐった「王子飯店」→美味たべはぐり 王子飯店の過去記事。今回は万全を期し、旅行前から調べて予約して出かけた。
 店の自慢のひとつが炒飯らしい。これは絶対いただきたいと思っていた。二人旅の中華料理で困るのが、たくさんの種類がたべきれないことだが、王子飯店にはコースメニューが3つあった。王子炒飯、フカヒレが含まれる、店員お勧めのコースを注文した。(まず眼に入った一番高いコースを眺めていたら、意外にも、最も安価なコースを勧められた。商魂が控えめな店員だ)

 ワインは、値段も手頃なニュージーランドのピノノアールを選んだ。上品で軽やか、潮風のような爽やかさが漂う赤ワインは、味の濃いこの日の中華料理によく合った。
マルボロ ピノ

 追加で頼んだ、コース外のイベリコ豚のチャーシュー。びっくりするほどすぐに届いた。作り置きしてあるのだろう。
イベリコ豚のチャーシュー
 強めの甘みで仕上げられていた。美味しい肉は控えめの味つけが好ましいと思う。イベリコ豚の持つ本来の甘みや旨みは感じられなかった。添えられたXO醤をつけると、アクセントになって美味しくなるが、このXO醤もオイルが多めの優しい味で、ちょっと物足りなさを感じた。

 鶏肉とフカヒレがたっぷり入ったスープ。ちょっと化学調味料の味がして、期待していたほど美味ではない。残念。
王子フカヒレスープ

 海老の唐揚げにたっぷりの甘酸っぱいあんかけ。美味しかったが、ちょっと濃い目の味。
海老のあんかけ

 大きめな海老、チャーシュー、卵やネギがたっぷり入った醤油味の炒飯。インディカ米のお米がパラパラしていて、美味しい。さすが自慢の味。だが、作りたて感はない。やはり、作り置きしてあるものを出しているのだろう。
王子炒飯
 
 追加で注文した、麻婆豆腐。麻婆好きの私達は、できるだけ多くの店で麻婆豆腐を注文し、味わってみるようにしている。土鍋にぐつぐついう状態で登場。メニューには、辛いマークが付いていたが、ほとんど辛さを感じなかった。なめらかな豆腐とちょっと濃い目の醤油・旨み。美味しいが、もう少し辛い方が好み。 
麻婆豆腐
 
 最後に、マンゴー味のクリームにタピオカとザボンが入ったデザートが登場。こっくりしたフルーツの風味に、ザボンの爽やかな果肉。ザボンがアクセントで良い、と夫は言っていた。
マンゴーとザボンのデザート

 親切な店員が、監視するかのような凝視でひっきりなしにサービスをしてくれ、それが嫌みでなく感じられたのは、人柄ゆえか。次に来たときにはエッグタルトを試してねと言われた。コースの全体像は悪くはなかったが、感動するほどの美味さがあるわけでもなかった。期待しすぎたのかもしれない。たぶんもう行くことはないだろう。最後に、出入り口にズラリと飾られた日本の有名人のサインを眺め、うん、やっぱりもう来ないだろうねと、夫とうなずき合った。

テーマ : うまいもの
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR