ワイン好きのお総菜40 根菜と牛肉の赤ワイン煮

2016年2月13日
 冬はストーブの上でコトコト煮込み料理を作るのが楽しい。たいして手間はかかっていないのに、「3日間煮込んだ」と言うだけで、なんだかとっても豪華に感じられる。今年は定番の牛赤ワイン煮込みに、知人からいただいた美味しい蓮根を入れてみた。
 牛肉煮込み用は赤ワインボトル1本・ローリエに漬けて一晩おいておく。焼く前にしばらく室内に置いておく。冷たいままだと焼き色が十分に付かないから。タマネギをきつね色までよく炒めておく。フライパンでバターを溶かし、赤ワインをよく切っておいた、お肉に焼き目を付けるまで焼く。煮込み用の鍋に、タマネギ、牛肉、赤ワインを入れてコトコト煮込む。今回は4晩煮込んだ。最後の一晩で、バターで炒めた乱切りの蓮根、ニンジン、市販のデミグラスソースを加えて煮込む。器に盛りつけて、胡椒を振り、生クリーム・イタリアンパセリで飾り付け。
 蓮根農家の友人が、がんを患ったお父さんに教えてもらいながら育てた、自慢の蓮根。友人は「ようやく慣れてきた」、お父さんは「もう、任せられる」と互いに協力・信頼しあって出来た作品だ。泥の中から掘り出す苦労のたまもの。ワインも根菜も、大地の恵みにより、出来たものだ。寒い季節、滋味深い味がありがたい。ワインはもちろん、ボルドーの赤ワイン。夫も大喜び。

根菜と牛肉の赤ワイン煮


にほんブログ村

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR