中華粥の朝食-香港旅行記4-

2014年5月6日
 香港で食べたいものは数え切れないほどあるが、その中の一つは朝の中華粥だ。日本のお粥と異なり鶏や魚介のスープで炊きあげた味わい深い粥である。粥が美味しいレストランもたくさんあるようだが、私は朝食に中華粥を食べるのが好きなので、ホテルの中華粥を堪能する。
 スープの香りがするお粥を円錐型の器によそう。朝食ブッフェではいろんなものをたくさんいただきたいのでお粥はレードルに半分くらいにしておく。好みで様々なトッピングを自由にアレンジできるようになっている。私は揚げたワンタンの皮、甘しょっぱい刻んだ漬け物みたいなもの(甘い沢庵に似た味)、揚げたピーナツ、刻みネギ、ラー油をかけた。複雑な味で美味しい。昨夜の食べ過ぎたお腹に粥は優しいはずと思いながらも、こんなに揚げたものをトッピングして本当にそうか?と自問自答する。一応朝の食べ過ぎ防止のために、最初の一皿は山盛りサラダ、次に青菜のソテーと野菜で胃を満たしておいた。ちょっとお粥を食べたら南国フルーツもいただいて、そうそう、エッグタルトもこのホテルのものは美味しいのだと、食べる順番をプランニングしながら日本語新聞を読む。
 ふと夫が「写真とったの?」と確認してきた。しまった、我ながらトッピングの美しさに酔いしれ、早く食べたくて写真を撮らずにさっさと食べてしまった。仕方なく写真のためにもう一度同じ粥を取ってきて食べざるを得ない私だった。


朝がゆ

テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR