スカビオサの開花

2016年6月5日
 宿根の苗で購入し、昨秋植え付けたスカビオサが開花した。これまでも何回か植えたことがあるのだが、我が家の環境が合わなかったのか、なかなか育たなかった。今年初めて開花したので嬉しい。
 淡い紫がかった爽やかな青。不揃いの花びらの真ん中に、葱坊主のようなふわふわの花心。愛すべき素朴で可憐な花だ。
 ネットで調べていたら、「スカビオサ」の名の由来が、なんと皮膚病「疥癬」にあるという。ラテン語の「Scabiea」は「疥癬」を意味するのだとか。ダニを媒介として感染する、非常にかゆい嫌な病気だ。由来を知ってちょっとガックリきたが、スカビオサを皮膚病の薬としたことから、そう名付けられたようだ。
 恋しかったスカビオサの花・・・これからはなんとなく疥癬のことを思い出さずにはいられないかもしれない・・・ちょっと複雑な気持ち・・・。

スカビオサ

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR