陽気なツバメたち

2016年6月6日
 週末に、高速自動車道を利用した。快晴に恵まれ、茨城から南東北の自然を堪能したり、美味しいものを楽しんだりと、結構ドライブも充実していた。なかでも途中発見した、ツバメたちが可愛らしかった。
 北茨城市にある常磐道中郷サービスエリア。野口雨情の故郷であり、さりげなくSAに詩碑が建てられているらしい(もっぱら売店とトイレの利用のみで、外をあまり見たことがない)。いつもここが私の休憩場所だ。トイレに向かうと、ひゅひゅっと鳥が鋭く飛来している。ふと頭上をみやるとツバメの巣に、可愛い子ツバメたちがいた。緊張したような表情、真っ白い一文字の口(?)。当人(?)達は生きるために必死に身を守り、親鳥の餌をひたすら待っているのだろう。だが、下から覗く人間には、その真剣なまなざしがなんとも可愛らしい。隣にあるサイレンの赤ランプがなんだかツバメを守っているように見えて、ユニーク。
 個人的にはツバメ、と聞くと、斎藤茂吉の母を思う挽歌を思い出し、切なくなるのだが、この日のツバメは、ちょっとお笑いを醸し出していて、クスリと笑ってしまった。

虚空地蔵詣り 赤光よりたらちねの母を歌う


ツバメ

テーマ : ゆっくり、自由に、一人旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR