遠刈田温泉 公共の湯 神の湯


 2016年6月8日
 宮城県遠刈田温泉の公共の湯に出かけた。310円という安価で温泉に入れる。周囲の温泉旅館にはよく行くのだが、それゆえ、この公共湯になかなか入る機会がなかった。建物外の足湯は楽しんだことがある。(写真、左手)→過去記事 遠刈田温泉 足湯今回は、初めて身体全体、たっぷりと浸ることが出来た。
神の湯全景 神の湯梁

 建物は比較的新しく、青森ひばがふんだんに使われた、のどかで風情がある浴場だ。薄茶色に濁った、身体に良さそうなたっぷりのお湯。浴槽はふたつあり、「熱い湯」「ぬるい湯」と大きく書かれている。本当は熱い湯には、45度前後の熱い湯が満たされているはずなのだが、この日は温度調整がいまひとつなのか、共に40度程度。かなり熱いと噂を聞いていて、戦々恐々としながらも挑戦を楽しみに出かけたので、ちょっとがっかり。でもポカポカとしっかり、ゆっくりと温まることが出来た。
 お風呂では、湯船に浸からずに、ずうっと話し込んでいるお年寄り達、家族連れで来ている人々、私のような女一人湯を楽しむ人など、気取らずに普段の生活の延長で訪れている感だった。失礼ながら、みんな寸胴の身体(私もだ・・・)、軽く日に焼けた肌。いかにも素朴な働き者と思わせる人ばかりが、たっぷりのお湯を楽しんでいた。まさに故郷のくつろぎを感じた。
 温泉を出たら、強烈な口渇感。温泉を出て、商店街に出ると、狙ったようにラムネが売っていた。即買い、即のみ。ぐびぐび飲んだら、そばにある玉こんにゃくがやたらと美味しそう!即買い、即食べ。するめと干し椎茸で味を付けた、自慢の玉こんにゃく。東北のお祭りや寺社巡りにはなくてはならない郷土おやつである。
玉こん
 お店の方は、温泉の定期券をお持ちだそうで、一月3000円で入り放題なのだとか。近隣の白石、仙台市民でも3500円で定期券が購入出来るそう。いつか購入してもよいかな、と思った。

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR