魔除けの果実、桃

2016年7月13日
 実家の宮城から福島に入り、国道4号線沿いを走ると、季節のフルーツ直売所が点々とある。先月はサクランボ、そして今月は桃を購入した。「ハシリの『白川白鳳』という品種です」と、直売所でおしえてくれた。赤味の強いピンク、産毛に囲まれた優しい肌触りの皮。まだ追熟が必要とのことで、2、3日味見はお預けだ。
 古代中国は、「魔除けの果物」「不老長寿の果実」と桃を尊んだそうだ。自然界に出来たにしては、あまりにも可愛らしい風貌の桃だから、古代から愛されて当然だろう。日本では、奈良にある卑弥呼のものとも言われるまき向遺跡から、桃のタネが2000個も発見されている。魔除けや不老長寿を願って祀られたのだろうか。
 葉っぱが段ボールには詰められていて、可愛らしい。親しい人にお裾分けしながら、大事に味わいたい。
 

白桃ふくしま

テーマ : ひとりごと
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR