シンプルな白シャツ

2016年10月5日
 白シャツを買い換えた。イギリスブランド、マーガレットハウエルの白シャツだ。ハウエルの服が好きで、たまに購入する。滅法高いので、たまにしか買えない。それでもかれこれ15年くらいはおつきあいしているブランドだ。
 白シャツにもいろいろある。まず、白といっても様々だ。乳白色、ぱっきり蛍光のような白、青みがかった白。そして布地の素材感が、シャツに異なる雰囲気を与える。薄手コットン、厚手コットン、粗めのリネン、柔らかい絹。襟・袖・カフス・前立て・肩ヨークの形、見頃にプリーツはあるのか、ボタンの素材や色は・・・と無限大にある選択肢。そんななかで、ごくシンプルでベーシックなハウエルの白シャツ。それでも店内には、白シャツだけで3種類以上あった。色あい・布地の異なるものを試着したが、透けない厚みのコットン、さっぱりした白色のものを選んだ。
 ハウエルの白シャツは、実はこれで二代目になる。一代目は10年着て、今年の春、とうとう袖と見頃の縫い目が裂けた。実は全ての縫い目はおり伏せ縫いといい、一度ミシンがけしたあと、縫い代を折りたたみ、伏せるようにして二回目のミシンがけをする。だからとっても丈夫なのだ。それゆえ、乱暴に扱い、徐々に太って生地と縫い目に負担をかけつつ、10年も長持ちしたのだろう。ショックだったが、10年も着たから長生きさんだったと思う。
 店員さんに、そんな話をしながら購入した。もちろん喜んでくれていた。ハウエルは、ロンドンに行った時に、本店も訪れたほど好きなブランド。長く愛用できるよう、色も形もシンプルに。また10年は着ようと思う。ちょっとは太ってもいいような、でもブカブカし過ぎないシルエットだ。着ているだけで、幸せな気持ちになる。

Mハウエルの白シャツ

テーマ : レディースファッション
ジャンル : ファッション・ブランド

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR