梅探る寒さ厳しき冬

2016年1月18日
 暖冬を危ぶんでいた日々が懐かしく感じるほど、最近の寒さの厳しさといったらない。寒いのが嫌いな私は、暖房器具をフル動員して過ごしている。お庭の散策もごく短時間の毎日だ。
 しかし、庭木を見れば、日々、確実に蕾が膨らんでいるのがわかる。寒さに耐え、開花しようとするその力。素晴らしいと思う。特に、紅梅の蕾を眺めるのが楽しい。青っぽく固かった芽が、少しずつ膨らみ、今はふんわり丸く、赤く色づいている。開花はまだかと、身体を伸ばして枝先を観察する毎朝である。
 探梅という言葉を最近知った。早咲きの梅の花を探して歩く、冬の季語だ。梅の花を求め、逸る心を表現する言葉が存在することに感動。万葉の昔から日本人を魅了する早春の花。今年の開花が待ち遠しい。

梅のつぼみ

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR