FC2ブログ

素朴でしなやかな味わい、阿闍梨餅

2017年3月25日
 日本橋三越の和菓子売り場では、全国の有名和菓子がいとも簡単に手に入れることが出来る。かねてより欲しかった、仙台九重本舗の霜柱、長野開運堂の真味糖、島根の松平不眛公ゆかりの茶菓子などなど・・・夢のような世界だ。
 京都の有名菓子もたくさんあり、なかでも阿闍梨餅が個包装から購入できるのには驚いた。阿闍梨餅とは、京都の菓子店満月が大正時代につくりはじめた菓子だ。餅粉をベースにした生地を皮とし、粒あんを包んだ素朴な菓子。今では京都みやげの定番となっているようだ。ややもっちりとした皮、控えめな甘さの粒あん。このたび初めていただいてみたが、小さめの菓子だから、ひとつ、またひとつ、と手が伸びてしまうような美味しさだ。素朴ながらも後を引く美味しさ。
 比叡山で修行する高僧がかぶっていた編み笠の形、そして厳しい修行に耐えるとき食した餅からイメージして創作されたとのこと。千利休はその昔、ふのやき、というごく素朴な菓子を茶会で多用したという。小麦粉を水で溶き、焼いた皮に、胡桃と味噌餡を包んだものを手作りして茶会に出したとか。戦に、政治にと疲れた人々をもてなすほっとした味。材料は異なるが、阿闍梨餅の素朴な味わいは、このふのやきに近いのではないだろうかと感じた。素朴ななかに、ほっとさせる甘さと柔らかさ。信念を持ちつつ苦行をこなし、周囲の人々を寛がせる。そんなしなやさをこの菓子から感じた。

阿闍梨餅

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR