FC2ブログ

共に年を重ねる レフィエドラグランジェ

2017年4月13日
 ○年目の結婚記念日、ちょっと良いボルドーワインを開けた。レフィエドラクランジェ。サンジュリアン村 シャトー・ラグランジェのセカンドワインだ。ブルーベリーやカシスの香り、なめらかな飲み口。牛肉をぱぱっとオイスターソースで調味した簡単ご飯と、夫の手土産、ベリーのタルトと合わせた。
 上品でコクがあるこのワイン、ラグランジェの優雅な感じを醸し出しながら、お安く手に入れることが出来るセカンドワインなので、若いときに見つけては、まとめ買いしている。数年寝かせてから、ゆっくり味わうのが、また楽しい。初めてまとめ買いしたのは、たまプラーザにあるデパ地下酒屋で、2000年以前のものを6本。我慢できずに、2年くらいで飲みきってしまった。今は、2011年と2007年のものが睡眠中。ゆっくりと楽しんで開けていきたい。
 2011年は、家を建てた年だね、と夫が言う。もう、なのか、まだなのか、6年が経過した。1月に引っ越し、3月に震災があった年。その年に芽吹き、実った葡萄のワイン。熟成の間、本当にいろんなことがあった。しみじみ味わいたかったが、仕事で忙しく、帰宅後たった2時間で料理・入浴・食事の慌ただしいディナー。最後の一杯は、ソファでうたた寝しながら、飲み干した。一生懸命働いて、ひたすら頑張っていく。またこうして年月を経ていくのかな。ストックしているワインが熟成する間、また様々なことがあるのだろう。
 
レフィエドラグランジェ

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR