FC2ブログ

レマン湖の思い出ワイン サンサフォラン

スイス土産 ラヴォー
2017年4月30日
 日本ではなかなかいただけない、スイスのワイン。スイスの出張土産に、サンサフォランという白ワインをいただいた。夫の部下が、スイスを訪れ、ボスがワイン好きですと言ったら夫にも下さったのだという。土産だから、どんなワインかわからないよと言って、夫が持ち帰った。だが、ラベルを見れば、ラヴォー、サンサフォランという地名がしっかりと書いてあり、すぐさまレマン湖北側にある、スイスリヴィエラとも呼ばれる美しい葡萄産地のワインであることがわかった。何度も旅した、大好きなところだ。
 三日月の形をしたレマン湖は、その北側を西はジュネーブ、中央辺りをローザンヌ、東をモントルーといった有名都市で繋ぐ鉄道が走っている。湖と斜面には葡萄畑が一面に拡がる、誠に美しいところ。特にローザンヌから東へ入ったあたりがラヴォーと呼ばれ、サンサフォランを始めとするスイスの銘ワイン産地がたくさんある。いつかこのラヴォーを、ワイナリーめぐりしたいと願いつつ、まだ実現していない。だが、鉄道で何度も通ったことはある。太陽の光もたっぷりと注ぐこの辺り、レマン湖に照射する太陽光、斜面に築かれた石塀に蓄積されるあたたかさにより、葡萄が良く育つと言われている。
 モントルーレマン湖沿い シヨン城近くの葡萄畑エーグルと葡萄畑 
 写真はモントルー近くのシヨン城、シヨン城近くの葡萄畑、モントルーからもう少し東に入ったエーグルという街の葡萄畑。ローザンヌから、北の首都ベルンを目指していく葡萄畑の合間を登る線路もあり、拡がる緑の葡萄畑と眼下のレマン湖を車窓に旅するのも素晴らしいのだが、その写真がなくて残念!
 いただいたサンサフォランのワインは、香りも少なく、味も穏やかな、個性は少ないワイン。だが、サンサフォランという地名と、なにやら古風な男性のイラストが、ラヴォー地区のワインつくりの歴史と文化を示しているようで、ウキウキしてくる。ラベル裏には、
1552年にこのワイナリーを作ってからの当主の名が13名、記されていた。ピエールさん、アーバンさん、シモンさん、・・・そして現在のパトリックさんにより、連綿とこのワインが作られてきたのだろう。こういうラベル、いいなあ・・・
 お土産ワインで遠いスイス、レマン湖に思いを馳せることができた。穏やかな味のワイン、タケノコ煮物とカルボナーラ、お浸しという和洋折衷メニューを静かにまとめてくれた。サンサフォランのワイナリーめぐり、実現したくなった。
 

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR